日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 蛤(ハマグリ)碁石

黒木碁石店(宮崎県日向市)

白碁石と対となる黒碁石には三重県熊野の那智黒石を使用し、ハマグリと同様の手法で加工しています(撮影:加藤正博)

今月は、透明感のある白色と縞(しま)目が美しい、ハマグリからつくられた碁石をご紹介します。

蛤(ハマグリ)碁石は白碁石の中で最高級とされており、明治時代初期には三重県桑名のハマグリを原料に大阪でつくられていました。明治時代中期以降は、宮崎県日向市のお倉ヶ浜で取れるハマグリの存在が知られるようになり、次第に使用されるようになっていきました。そして明治時代後期の1908年には大阪で碁石づくりを学んだ同市出身の原田清吉氏が技術を持ち帰ったことで、日向のハマグリを用いた碁石が名産品として定着しました。

1917年創業の黒木碁石店では、マスターストーンと呼ばれる基本の碁石と同じ曲線を描くよう、一粒ずつ職人の手で磨きあげています。さらに独自の基準を設けて選別し、高い品質を維持しています。長年の経験と技術から生み出される自然な丸みや、天然のハマグリの柔らかな手触りと打ち味を、より広く知ってもらうため、販路の拡大にも力を入れています。

お問い合わせ

黒木碁石店

TEL:0982-54-2531

HP:http://www.kurokigoishi.co.jp/

※月刊石垣2018年11月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 大内人形

桑原大内塗大内人形製作所

今月は、山口市の伝統技法である大内塗でつくられた、大内人形をご紹介します。大内塗は、室町時代に現在の山口県で栄華を誇った大内氏が、京から...

前の記事

伝えていきたい日本の技 腰高トラ

デコ屋敷本家大黒屋

今月は、郡山市・デコ屋敷で伝統的につくられてきた張り子人形、腰高トラをご紹介します。「デコ屋敷」とは、三春駒や張り子人形(三春張り子)な...

関連記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...