日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 日田げた

本野はきもの工業(大分県日田市)

杉の美しい木目を生かしたバリエーション豊かな日田げた。合わせてみると意外と洋服とも相性が良いと若い層にも評判です(撮影:加藤正博)

今月は、現代の生活にもなじむようモダンなアレンジをくわえた「日田げた」をご紹介します。

江戸時代、日田では杉の植林が盛んで、建材や家具材に使用した杉の端材から下駄(げた)がつくられていました。杉は軽く丈夫でクッション性があるため、素足で履く下駄の素材に適しており、下駄づくりは日田の主要な産業へと発展していきます。明治時代後期には静岡県静岡市・広島県福山市と並び、下駄の三大産地と称されるまでに成長していきました。

しかし、日常的に和服を着ることがなくなった現在では下駄が履かれる機会も減り、伝統的な日田げたを残していくために、本野はきもの工業では現代のライフスタイルに合わせた下駄づくりに取り組み始めました。伝統的な製法や日田げたの良さは守りつつ、かかとを高くしたヒール下駄、作家や有名ブランドとコラボレーションした下駄など、和装に触れることの少ない若い人たちにも受け入れられるデザインの追求に努めています。

お問い合わせ

本野(もとの)はきもの工業

TEL:0973-22-4460

HP:http://motono-hakimono.com/

次の記事

デコ屋敷本家大黒屋

今月は、郡山市・デコ屋敷で伝統的につくられてきた張り子人形、腰高トラをご紹介します。「デコ屋敷」とは、三春駒や張り子人形(三春張り子)などの郷土玩具をつくり続けてい…

前の記事

瑠璃庵

今月は、瑠璃色のガラスが涼を添える、冷酒用の酒器・長崎チロリと杯をご紹介します。 長崎では、かつてポルトガルとの交易によりガラス製品が伝わり、17世紀後半には諸外国か…

関連記事

大橋量器

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づくりの職人が技術を持ち込んだこ…

露木木工所

今月は、多様な天然木のぬくもりを身近に楽しむことのできる箱根寄木(よせぎ)細工の「合子(ごうす)」をご紹介します。箱根の山々は樹種が多く、平安時代から木工芸が発達した地…

三光製作

今月は、抗菌めっきを施し、富士山をモチーフにした「抗菌富士」シリーズのしおりをご紹介します。長年めっき加工会社としてさまざまなめっきを請け負ってきた三光製作は、2013…