日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 至誠

真岡商工会議所会頭 株式会社協栄社 取締役会長 篠原 宣之 事業内容:印刷広告 趣味:旅行、陶器蒐集

「真岡(もおか)」という地名の由来は諸説あり、一つには「ツルが舞う丘」から「舞丘(まいおか)」と呼ばれ、いつしか「真岡」と書かれるようになったともいわれています。その読みは、全国でも難解な市名ではないかと思います。また、歴史資料の中には「まをか」「まうか」「もうか」などの表記がありますが、昭和45(1970)年4月の真岡市広報誌発行規程に、「もおか広報」と定められたことから「もおか」と呼称する統一見解が示され、現在に至っています。

江戸時代後期の文化・文政・天保時代の頃には、年間38万反もの真岡木綿を生産し、「真岡」といえば、そのまま木綿の代名詞として通用した時代もありました。その後、開国により安価な輸入綿糸が流入すると次第に衰退し、戦後、その生産は途絶えました。しかしながら、もう一度技術の復興を図るため、昭和61(1986)年から当所が中心となり復活事業に取り組み、機織り技術者を養成しながら伝統を‶今〟につないでいます。その製品は、本市を代表する特産品として、現在は観光振興の一翼を担っています。

この真岡木綿が隆盛を極めていた頃、道徳と経済の融和を図りながらの産業振興を説いたのが、二宮尊徳です。尊徳は、私の住まい近くを流れる五行川の大前堰(おおさきせま)の造成や、桜町(現真岡市の一部)の荒廃した田畑の開墾などのため、藩命により小田原から妻子とともに着任し立派に復興を果たしました。今では質・量ともに日本一といわれるいちごの生産地となっています。本市には、尊徳の居住地であった桜町陣屋(国指定文化財)があります。尊徳が自ら経験し編み出した至誠を基本とした、勤労・分度・推譲の四つの教えは、報徳仕法の実践とともに全国へ知れ渡りました。

私の職業は印刷広告業で、創業以来55年になります。この至誠を社訓とし、社員をはじめ全ての人を幸せにする「いい会社をつくりましょう」を社是として、地元に密着した堅実な成長を目指して日々努力の毎日です。

かつて本市は農業を産業の基盤とするまちでしたが、現在は89社にも及ぶ企業が操業する大規模な工業団地を有する栃木県南東部の地方都市(人口約8万人)として発展を続けています。

日本一のいちご、かつて隆盛を極めた真岡木綿、国内初の本格的な内陸型火力発電所(124・8万kw、令和2(2020)年3月よりフル稼働、見学可能)など、魅力がたくさんの「もおか」に、ぜひとも足をお運びください。

次の記事

島根県 松江商工会議所

「ぜひ会頭になってくれ」との相談をいただき、目を丸くした時が39歳。就任時40歳、現在41歳という全国でも異例の若さで会頭に就任いたしました。砂鉄から和鉄をつくるたたら製…

前の記事

石川県 金沢商工会議所

毎年、東京の国立新美術館で開催される「日展」を楽しみに鑑賞しておられる方も多いと思いますが、その日展で、石川県が人口100万人当たりの入選者数80・2人で全国トップだとい…

関連記事

兵庫県 龍野商工会議所

たつの市は兵庫県南西部の西播磨地域に位置し、南北を貫く揖保(いぼ)川を軸に北部には山地が広がり、南部は瀬戸内海に面する風光明媚(めいび)な魅力あるまちです。また童謡「赤…

福島県 相馬商工会議所

私の趣味は合唱と登山です。男声合唱からスタートし、今は市民混声合唱団「相馬合唱団エスポワール」の団長として、頑張っています。また、毎年相馬地方の九団体で「合唱を楽し…

埼玉県 所沢商工会議所

自転車用ペダルを製造して71年。日本で年間1000万台近く生産されていた自転車の生産地は台湾、中国へ移りました。かつて大勢いた仲間も減少し、ペダル専業メーカーは当社のみに…