日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 東海道草津宿で愛される名物もち 「うばがもち」

うばがもち 18粒900円(税込) ※箱入りは12、18、24、36、48、72粒があり、宅配便の配送が可能

JR草津駅から徒歩15分、東海道(国道1号)の交差点にそびえる大きな「うばがもち」の看板。遠くからでも目を引き、吸い込まれるように立ち寄ってしまう。草津名物、いや滋賀県人なら知らぬ人はいない銘菓うばがもちの本店だ。

子どもでも一口で食べられそうな小さなかわいい餅。なめらかなこしあんにくるまれ、上にポチッと白あんと山芋の練り切りがのっている。ほどよい歯ごたえ、あっさりした甘さ。一つ食べるともう一つ、と後を引くうまさ。450年以上も草津名物として親しまれてきたのにも納得だ。

家康がうまい、と感心した。歌川広重や葛飾北斎が浮世絵に描いた。近松門左衛門は浄瑠璃、常磐津に。与謝蕪村が歌に詠んだ。などなど、うばがもちは歴史上の人物にも愛されてきた。こんな菓子は全国でもなかなか探せない。名物として確固たる地位を得たのは、草津が東海道と中山道が接する宿場町だったという地の利もあるが、やはり一度食べたら忘れられない、記憶に残る味だからだろう。

ちなみに、うばがもちの名前は近江源氏佐々木義賢の曽孫と乳母に由来する。餅が‶おっぱい〟に見えるのはご愛きょう!

Data

社名:うばがもちや

所在地:滋賀県草津市大路2-13-19号

電話:077-566-2580

HP:http://www.ubagamochiya.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

宮崎県 都城市

九州を旅していると、いろんな場面でかしわめしに出合う。町の弁当店、コンビニはもちろん喫茶店のメニューや駅弁売店にもかしわめしが並ぶ。かしわめしは間違いなく九州を代表…

前の記事

東京都 文京区

朝は卵かけご飯にのせて、昼はたっぷり挟んでサンドイッチに、夜は野菜と一緒にサッとソテーして。私、こんなにコンビーフが好きだったかしら?「千駄木腰塚」のコンビーフに出…

関連記事

北海道 稚内市

ポンたらを皿に盛り、マヨネーズ、しょうゆ、七味唐辛子を用意したら熱かんをつけて準備完了。ポンたらを皮からむしっては食べ、むしっては食べ、あらあら熱かんがもうすっから…

青森県 黒石市

なんと素敵でおいしいコーンスープ! 正確には「嶽(だけ)きみスープ」、初めて出合ったコーンスープだ。嶽きみとは岩木山南麓の嶽高原で栽培されるトウモロコシ。津軽ならでは…

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…