この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

押さえておきたい容リ法 vol.3 持続可能な仕組み構築を

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会 駒ヶ嶺充

近年顕在化してきた国内外におけるリサイクルを取り巻く大きな環境変化が、さらに加速し複雑化してきています。2017年12月末に施行された中国によ...

前の記事

押さえておきたい容リ法 vol.1 減量と再資源化目指す

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会 駒ヶ嶺充

コロナ禍で私たちの日常は大きく変化しました。在宅勤務が増え、おうち時間が長くなり、容器や包装などのごみに触れる機会が増えていませんか? ...

関連記事

押さえておきたい容リ法 <下> 容器包装リサイクルの現状と課題

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会 駒ヶ嶺充

第1回のコラム(押さえておきたい容リ法㊤「ごみ減量・資源化に成果」)で、容器包装リサイクル制度の最大の特徴はEPR(拡大生産者責任)の導入で...

押さえておきたい容リ法 <中> 容リ協会の再商品化

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会 駒ヶ嶺充

今回は、容リ法(容器包装リサイクル法)の指定法人としての容リ協会(日本容器包装リサイクル協会)が行う再商品化(リサイクル)について解説し...

押さえておきたい容リ法 <上> ごみ減量・資源化に成果

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会 駒ヶ嶺充

2022年4月1日、プラスチック資源循環促進法が施行され、コンビニなどで無料配布されていたプラスチック製のフォークなどが有料化されたり、環境配...

検索

月刊「石垣」

20231月号

特集1
「品質と味」がブランドになる 世界に売り出せ日本産食材・食品

特集2
新春誌上セミナー 2023年の日本の展望と世界経済の行方

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする