日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 東京大学と共同研究契約 機能性食品の開発目指す

田部会頭(左から2人目)と東大関係者

松江商工会議所(島根県)は10月23日、東京大学国際オープンイノベーション機構と共同研究契約を締結した。創業を支援する同所と技術革新に幅広い知見や技術を提供する同大が連携することで、次世代1次産業の在り方を模索し、新たな産業を創出することが目的。まずは、同大が持続的に発展可能な1次産業について基礎研究を進め、その後両者で具体的な素材を抽出し、実用化に向けた研究に取り組む。

素材として着目したのは機能性食品だ。島根県で伝統的に生産・消費されてきた出雲市斐川(ひかわ)町産のハトムギや松江市大根島産の高麗人参、津和野町産の冬虫夏草などが候補に挙がっている。新型コロナウイルス感染拡大などから健康志向や免疫力向上への関心が高まる中、時代に合った新産業の創出が期待される。

契約期間は来年3月末までだが、同所は期間を延長し、県や商工会などと共に、県全体で取り組むことを視野に入れている。この日行われた記者発表で、同所の田部長右衛門会頭は「東大の知見を借りて島根の新たな産業が育てられれば」と抱負を述べた。

次の記事

セレクト地域短信 姉妹都市の原料でソーダ開発 設立30周年記念のサイダーも発売

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラント...

前の記事

セレクト地域短信 森林を学ぶツアー商品化 中学校の修学旅行に採用

山形県 新庄商工会議所

新庄商工会議所(山形県)が県や民間企業の協力を得て商品化を進めてきた産業観光ツアーが、仙台市立仙台青陵中学校(宮城県)の修学旅行に初めて...

関連記事

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...

セレクト地域短信 企業版テークアウト&デリバリーを推進

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)は、フードデリバリー需要の創出を目的とした「企業版テイクアウト・デリバリー推進事業」を6月から開始した。同事業は、会...