日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 東京大学と共同研究契約 機能性食品の開発目指す

田部会頭(左から2人目)と東大関係者

松江商工会議所(島根県)は10月23日、東京大学国際オープンイノベーション機構と共同研究契約を締結した。創業を支援する同所と技術革新に幅広い知見や技術を提供する同大が連携することで、次世代1次産業の在り方を模索し、新たな産業を創出することが目的。まずは、同大が持続的に発展可能な1次産業について基礎研究を進め、その後両者で具体的な素材を抽出し、実用化に向けた研究に取り組む。

素材として着目したのは機能性食品だ。島根県で伝統的に生産・消費されてきた出雲市斐川(ひかわ)町産のハトムギや松江市大根島産の高麗人参、津和野町産の冬虫夏草などが候補に挙がっている。新型コロナウイルス感染拡大などから健康志向や免疫力向上への関心が高まる中、時代に合った新産業の創出が期待される。

契約期間は来年3月末までだが、同所は期間を延長し、県や商工会などと共に、県全体で取り組むことを視野に入れている。この日行われた記者発表で、同所の田部長右衛門会頭は「東大の知見を借りて島根の新たな産業が育てられれば」と抱負を述べた。

次の記事

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発し、2020年11月…

前の記事

山形県 新庄商工会議所

新庄商工会議所(山形県)が県や民間企業の協力を得て商品化を進めてきた産業観光ツアーが、仙台市立仙台青陵中学校(宮城県)の修学旅行に初めて採用され、10月21日に同校の2…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…