セレクト地域短信 姉妹都市の原料でソーダ開発 設立30周年記念のサイダーも発売

ブラックカラントソーダ(右)とえびすくんサイダー

恵庭商工会議所は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発し、2020年11月に販売開始した。恵庭市とティマル市は、同所が03年にサウスカンタベリー商工会議所と友好商工会議所を締結したことがきっかけとなって08年に姉妹都市締結。交流事業としては、これまでにマヌカハニー、ジャム、ワインなどの特産品の輸入・販売や両市の文化を学ぶ青少年の派遣交流を行っている。同所設立30周年の節目となった20年は、今まで以上に両者の経済交流を深めるために同商品を開発した。

同時に、設立30周年の記念品の一つとして同所キャラクター「えびすくん」の名を冠した「えびすくんサイダー」も発売した。えびすくんは、市の特産品「えびすかぼちゃ」にちなんだ名称。同所は10年からえびすかぼちゃを使った商品開発を進めており、恵庭ブランドのPRのために生み出した。

ブラックカラントソーダは酸味と甘味のバランスが良く後味爽やか。えびすくんサイダーは北海道産のビートからつくられた砂糖と支笏(しこつ)湖水系のミネラルウオーターを使用し、昔ながらの製法で製造したシンプルな味わいだ。ともに1本(340㎖)248円(税込)。同所やネットショップ「北海道恵庭特産品市場」、市内のコンビニなどで販売している。同所は「ウイスキーやワインなどお酒と割ってもおいしい」とアピールしている。

商品情報はこちら http://www.eniwa-cci.or.jp/topics2/2020/10/ga.html

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 チューリップの球根植えを実施 観光名所創出へ、市民らと

和歌山県 橋本商工会議所

橋本商工会議所(和歌山県)は2020年11月14、21、28日の3日間、橋本市内の恋野地区で、ボランティアとして参加した市民らとともにチューリップの球...

前の記事

セレクト地域短信 東京大学と共同研究契約 機能性食品の開発目指す

島根県 松江商工会議所

松江商工会議所(島根県)は10月23日、東京大学国際オープンイノベーション機構と共同研究契約を締結した。創業を支援する同所と技術革新に幅広い...

関連記事

セレクト地域短信 PayPayと連携したポイント付与キャンペーン実施中

岩手県 北上商工会議所

北上商工会議所(岩手県)はこのほど、キャッシュレス決済サービスのPayPayと連携した消費喚起策「がんばれ北上!PayPayを対象店舗で利用すると最...

セレクト地域短信 古文書の和菓子を再現 地元産の食材生かす

大分県 臼杵YEG

臼杵商工会議所青年部会(大分県・臼杵YEG)はこのほど、臼杵藩主から引き継いだ江戸時代の古文書「菓子製法」を参考に再現した2種類の和菓子を発...

セレクト地域短信 観光関連事業者向けに「みやづ観光ダイジェスト」を発行

京都府 宮津商工会議所

宮津商工会議所(京都府)はこのほど、市内の交通量、主要駐車場の利用数、天橋立などの観光案内所における案内件数、モノレール・ケーブルカー・...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする