日商 Assist Biz

更新

新型コロナ感染症対策への意見(11月19日) 日本商工会議所、「新型コロナ克服に向けた新たな経済対策に関する意見」を政府および関係各所に提出

日本商工会議所は11月19日、新型コロナウイルス感染症により、事業継続や雇用維持などが極めて厳しい経営環境に置かれている全国の中小企業に対するさまざまな対策や支援策をとりまとめ、政府および関係各所に意見として提出いたしました。当所では、本意見の実現に向け関係各所に働き掛けを行うとともに、引き続き感染拡大防止と社会経済活動の両立に向け取り組んでまいります。

意見本文はこちら

意見の概要

【基本的な考え方】

■需要喚起策で社会経済活動レベルは確実に上昇するも、感染再拡大懸念から経済回復は力強さを欠いている。

■活動制約で需要回復が停滞する中、中小企業は事業継続、雇用維持に必死に取り組んでいる。

■需要や売り上げ拡大が難しい中、中小企業の変革への挑戦が成果を得るには一定の時間を要する。今後の対策は、緊急経済対策で中小企業の経営を底支えして時間を稼ぎながら、変革への挑戦を後押ししていく視点が重要。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン