日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 南部鉄器「Palma」

及源鋳造(おいげんちゅうぞう)(岩手県奥州市)

ティーポットとウォーマー(スタンド)、プレート2種。Palmaとはヤシのことで、ポットのつまみの形はヤシの木をモチーフにしています (撮影:加藤正博)

今月は、岩手県の伝統工芸品である南部鉄器の新たな姿を見せるブランド、Palma(パルマ)をご紹介します。

南部鉄器には二つのルーツがあり、奥州市水沢地区と盛岡市を中心に鋳物技術を培ってきました。原型に砂を押し当てて型をとり、そこに溶けた鉄を流し込んでつくりあげる南部鉄器は、非常に耐久性が高く、蓄熱性も良いことで知られています。

1852(嘉永5)年に創業した及源鋳造は、東日本大震災で自社も打撃を受ける中、被災地からの思いを込め、プロダクトデザイナーのジャスパー・モリソンとのコラボレーションに挑みました。素材感が美しい鋳肌(いはだ)と、実用を前提とした無駄のないデザインが融合したPalmaは、これまでの南部鉄器とは一線を画すモダンなテーブルウエアや調理器具を展開し、日本の美意識や伝統技術を広めるジャパンクリエイティブの第一弾プロジェクトとしても脚光を浴びています。

お問い合わせ

及源鋳造

TEL:0197-24-2411

HP:https://oigen.jp/

※月刊石垣2021年3月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 DAYBREAK

金箔押 山村 GOLDREAM

今月は、京都で培われた伝統技術・金箔押を革に施したブランド、GOLDREAM(GOLD+DREAM=『金箔の夢』の意)をご紹介します。金箔押とは、世界で最...

前の記事

伝えていきたい日本の技 sufuto

清原織物

今月は、伝統的な綴織(つづれおり)の技術を生かして「祝いの品々」を展開するブランド、「sufuto(すふと)」をご紹介します。綴織は世界各地で古く...

関連記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠 無料会員限定

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...