渋沢栄一の軌跡 第18回 鮒屋旅館

交通 伊予鉄道道後温泉駅から徒歩3分 [写真提供]ふなや

栄一をはじめ著名人に愛された道後温泉の老舗旅館

栄一は古希を迎え、実業界を引退表明した後も、民間外交や教育・福祉・医療の充実を目指して精力的に日本各地を巡りました。1915(大正4)年に松山商業学校(現・愛媛県立松山商業高校)などで講演を行うため、75歳で初めて愛媛を訪れた栄一は、一泊二日という慌ただしい滞在の中、道後温泉の鮒屋旅館(現・ふなや)に宿をとっています。

この宿は皇族をはじめ、夏目漱石や正岡子規、高浜虚子といった文化人が投宿し、それぞれ宿にまつわる作品を残しています。栄一も自身と関係の深い養蚕に関する漢詩の書をしたためており、今でもその書を間近に見ることができます。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

松山商工会議所 永野 亜実

日本最古の温泉ともいわれる道後温泉の最寄り駅「道後温泉駅」。1911年築の旧駅舎を復元したレトロな美しい建物は「坊っちゃん列車」の始発・終着駅です。夏目漱石にマッチ箱と例えられた列車に乗って、坊っちゃんの気分を味わってみてはいかがでしょうか。

渋沢栄一の生涯を描く 大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)

公式HPはこちら▶ https://www.nhk.or.jp/seiten/

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第19回 常磐興産

福島県 いわき商工会議所

明治初期、東京近郊から燃料を調達する必要性が高まり、本州最大の埋蔵量を誇る磐城の石炭を採掘するために、栄一らが1884(明治17)年に設立した...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第17回 「青天を衝け」 大河ドラマ館

東京都/埼玉県

近代日本経済の父・渋沢栄一の生涯を描いた、現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』。このドラマを通じて、栄一に興味を持ったという声が多く聞か...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第21回[最終回] 旧京都織物 本館 無料会員限定

京都府 京都商工会議所

明治維新で首都の役割を東京に譲った京都は、織物産業の発展に力を入れ、技術者の招聘(しょうへい)・伝習生の派遣に取り組み、海外の最先端技術の...

渋沢栄一の軌跡 第20回 中国電力

広島県

1894(明治27)年に勃発した日清戦争の際、広島県は軍港となる呉市などを抱える重要な軍事拠点となりました。すでに県内には民間の電力会社・広島...

渋沢栄一の軌跡 第16回 サッポロビール博物館

北海道 札幌商工会議所

栄一は多くの大企業の設立に携わり、身近なところでは国産ビール会社の創設・発展にも尽力しています。現在のサッポロビールはその一社で、官営の...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする