情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門特別賞

教えることが本当に好きな仲間を増やし、勉強の楽しさを伝え続けたい

EJNグループ株式会社 代表取締役 中本 真代(なかもと・まよ)

EJNグループ株式会社 代表取締役 中本 真代(なかもと・まよ)

私には「生徒の能力を最大限に引き出すこと」ができた

私は、大学の英文学科を卒業後、結婚し専業主婦をしていました。上の子が2歳、下の子が1歳のときに離婚し、母子家庭となり、生活保護を受けながら暮らしていました。その頃、友人から子どもに英語を教えてほしいと頼まれ、1カ月間無料で教えたところ、テストの点数が40点から80点に上がったことで、家庭教師を依頼されました。

友人の子が卒業後、紹介でもう1人を教えることになり、結果的に中学校3年分の英語を指導したことになりました。私自身、子どもの小学校就学を機に、在宅での仕事を考えていたこともあり「英語塾 中本」を開塾しました。2年後には法人化を果たし、その翌年には数学を科目に加えました。

開塾に当たり、学習能力がないわけではないのに学校のテストで点が取れない、授業についていけない子どもが多いことに着目しました。学校での一斉授業という形態では対応困難な、個人に合わせた範囲・スピードで指導し、「理解してから次に進む」ことが真の学力を身に付ける一番の近道であり、唯一の方法だと考えました。そこで三つの指導、①学校の進行速度・範囲に固執しない、②基礎を大切に、学習の楽しさも教える、③分かる! できる! 子どもの自信を育むために褒めて伸ばす、を目指しました。

講師の育成にこだわり福利厚生も充実

開塾から6年が経過した頃、安定した経営のためには、講師を知識はもとより、教える力・向上心に長けたスペシャリストになれるように育成する必要があると感じるようになりました。

講師陣の育成・教育を徹底していくことは、結果として顧客からの信頼も厚くなり、塾自体の評価・評判にもつながります。他塾との差別化を図るためにも、講師を一生の仕事にしたいと思える人材を集め、各講師が安心して仕事に打ち込めるように、学習塾としては珍しい取り組みを始めました。

一つ目は、正社員を基本とした募集と社会保険の完備・退職金共済の導入のほか、手当て・社宅など福利厚生を充実させることです。

二つ目は、仕事の特性上、肩こり・腰痛などにも配慮し、社内マッサージ補助制度の導入や、健康診断の実施など、スタッフの健康管理を積極的に呼び掛け、生き生きと働ける職場づくりを行うことです。

また、生徒やその保護者に対しても、誠意ある対応を忘れず、質の高いサービスを提供し続けたいです。ただ勉強を教えるだけでなく、「分かりやすさを追求した説明の技術力」「相手の理解度や能力、性格により臨機応変に対応ができる適応力」「いつも明るく笑顔で楽しい雰囲気や応対を提供する接客力」を兼ね備えた塾でありたいと思います。

指導時に、分からなかった問題の理解とともに生徒の表情に灯がともる「あの瞬間」が大好きです。これからも、この気持ちを大切に、地域に貢献していきたいです。

会社データ

社名:EJNグループ株式会社 中本塾 フェニックス

所在地:愛媛県新居浜市西の土居町2-10-8

電話:080-2995-0824

創業:2014年

事業概要:学習塾の経営(小・中・高・高専生対象)

HP:https://ejn-phoenix.com/

【新居浜商工会議所】

※月刊石垣2021年9月号に掲載された記事です。

前の記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

特定非営利活動法人アイル

当社は、0歳から幼稚園児までの児童発達支援と、小学生から高校生までの障がい児の通所やショートステイができる事業所として、保護者が安心して子...

関連記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

株式会社Temari

私自身、高校生のころからビジネス系に興味を持っていました。高校は附属大学のある女子校で、学ぶこと自体は好きなのですが、一方向の座学が好き...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

株式会社lojus

23歳当時、IT企業に勤務していた私にはお金も時間もありませんでした。そんなときに恋人が余命1年と宣告され、支えることも一緒にいる時間もなか...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

特定非営利活動法人アジェンダやまがた

2007年、私は「山形を元気にしたい」という思いで、山形市中心市街地活性化への貢献を目的とする任意団体として活動を開始しました。この時期に長...