情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門特別賞

現代アートの面白さを、垣根を取り払い、たくさんの人に届けたい

カナカワニシアートオフィス合同会社 代表社員 河西 香奈(かわにし・かな)

カナカワニシアートオフィス合同会社 代表社員 河西 香奈(かわにし・かな)

アート業界の入り口を開放的で入りやすく

造形や行為によって未踏の表現を深耕し、新たな世界の視座を提示するアーティストたちの仕事の結晶である現代アート作品は、知的好奇心を刺激し続ける唯一無二のものです。しかし彼らを包括するアート業界は閉鎖的で、「よく分からないもの」としてくくられてしまったり、ギャラリーも「足を踏み入れがたい場」と思われてしまったりしがちです。

目の前にある才能が、世の中とつながっていないのはもったいない。この垣根を取り払い、面白がられるのを待っている作品を、世界中の業界内外の人々に届けたい。これが創業に至った強い動機であり、創業以降の7年間で増強され続けてきた経営理念です。

当社が運営する東京の清澄白河にある本店(アートギャラリー)は、認可保育園のはす向かいに位置する路面店で、ガラス張りの外観と大きな開口部を生かし、業界内外の方々を広くお迎えしています。老若男女問わず、ギャラリーに立ち寄った人には「丁寧に作品の説明をすること」を全スタッフが徹底しています。

夕方、保育園のお迎えの時間帯には、まるでギャラリーが保育施設になったように、アートを楽しむ親子でいっぱいになることもあります。

「アートの力」が人の意識を動かす

昨年のコロナ禍初頭、追加融資面談のため、金融機関の担当者の男性と一年ぶりに再会しました。彼いわく、一年前にギャラリーに来たとき、私に「分からなければ、分からないままでいいし、面白いと感じられたら、そのまま素直に面白がればいい」と言われた言葉がとても響いたそうです。それ以来、苦手意識や肩の力が抜けてアート自体に興味が湧き、ほかのギャラリーにも行って作品購入も検討し始めているとのことでした。

追加融資の相談時、新店舗の改装に伴い額面上の数字は落ちていました。しかし「地域からギャラリーを消してはいけない」と強い使命感を感じていただき、追加融資が実現しました。他業種の人に「アートの力」が響いたことが、何よりもうれしく感じました。

また、創業時から育ててきたアーティスト・安瀬英雄さんの作品が、「PHOTO LONDON(フォト・ロンドン)」というアートフェアに出展したことをきっかけに、大英博物館の学芸員の目に留まりました。その後、「縄文時代から現代まで」をテーマに大英博物館・日本館で企画された常設展のラストに、安瀬さんの作品が「現在の日本」を象徴する作品として公開されると、「コンセプトに感銘を受けた」と米国在住の人から新規購入の相談をいただきました。まさに当社の理念が結実した瞬間でした。

今後も地域の人たちに面白がってもらえるように、そして世界中の美術館に収蔵いただけるように、全力でまい進してまいります。

会社データ

社名:カナカワニシアートオフィス合同会社

所在地:東京都江東区白河4-7-6

電話:03-5843-9128

創業:2014年

事業概要:アートギャラリー経営、アート関連書籍編集・卸・出版、アート関連通訳・翻訳など

HP:https://www.kanakawanishi.com/

※月刊石垣2021年10月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞 無料会員限定

株式会社マリア

私は65歳で不動産業を起業しましたが、その7年前に不動産会社に入社し、当初は主に一般の賃貸仲介を行っていました。その業務の中で、いわゆる障が...

前の記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門特別賞

EJNグループ株式会社

私は、大学の英文学科を卒業後、結婚し専業主婦をしていました。上の子が2歳、下の子が1歳のときに離婚し、母子家庭となり、生活保護を受けながら...

関連記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

特定非営利活動法人アイル

当社は、0歳から幼稚園児までの児童発達支援と、小学生から高校生までの障がい児の通所やショートステイができる事業所として、保護者が安心して子...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

株式会社Temari

私自身、高校生のころからビジネス系に興味を持っていました。高校は附属大学のある女子校で、学ぶこと自体は好きなのですが、一方向の座学が好き...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

株式会社lojus

23歳当時、IT企業に勤務していた私にはお金も時間もありませんでした。そんなときに恋人が余命1年と宣告され、支えることも一緒にいる時間もなか...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする