テーマ別誌上セミナー アフターコロナを勝ち抜く 今、必要な国際規格がある

2020年6月に施行された改正食品衛生法により、全ての食品等事業者は、21年6月から「HACCP(ハサップ 危害分析・重要管理点方式)」に沿った衛生管理が求められることになった。HACCP導入は手間とコストがかかると受け止められがちだが、それ以上のメリットを企業にもたらす。そこで、HACCPの基本と導入手順、HACCPやISO22000のような国際的な食品安全の規格を取得することの利点を、専門家である日本規格協会ソリューションズの佐藤哲也さんが解説する。

佐藤 哲也(さとう・てつや)

日本規格協会ソリューションズ 執行役員 審査登録事業部長

佐藤 哲也(さとう・てつや) 1998年4月一般財団法人日本規格協会技術部標準化に配属。2000年4月普及事業部海外規格課、02年7月審査登録事業部、12年4月標準化基盤部サービス標準化プロジェクト専門職などを経て、14年7月審査登録事業部審査計画チーム審査計画課長、17年7月適合性評価ユニット審査登録事業部長、19年4月から現職。JRCA/ISMS審査員登録「主任審査員」、JRCA/QMS審査員登録「主任審査員」、JRCA/EMS審査員登録「主任審査員」の資格を持つ

HACCPにより食品の安全を「見える化」する

―これまで食品事業者が実施すべき衛生管理の基準は、各都道府県の条例で規定されていましたが、改正食品衛生法により、全国一律の内容となりました。そして、6月から食品の製造、加工、調理、販売などを行う全ての事業者に対し、「HACCP(ハサップ)」に沿った衛生管理に取り組むことが義務化されました。HACCPとはどのような制度なのでしょうか。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

テーマ別誌上セミナー 中小企業にチャンスとなるか? そこが知りたい“脱炭素”

竹内純子

菅義偉総理大臣は2020年10月に行った所信表明演説において、「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち50年カーボンニ...

関連記事

テーマ別誌上セミナー 日米関係、米中貿易戦争……世界はどう動く? バイデン大統領誕生で世界はどうなる

吉崎達彦

今年1月に米国で誕生したバイデン新大統領には、外交や経済など数多くの難問が待ち受けている。米国の今後の政策はどうなるのか。双日総合研究所チ...

テーマ別誌上セミナー コロナ禍で激増!理不尽なクレームへの対応法 カスタマー・ハラスメントを跳ね返す

山田泰造

最近は顧客が従業員に対して威圧的な言動や、理不尽な要求を突きつける「カスタマー・ハラスメント」が増えてきた。ついには国が動き、2020年10月1...

テーマ別誌上セミナー 働き方改革、「アフターコロナ」の切り札になるか? DXって何だ?

森川博之

デジタル、IT、IoT、AIに続いてDXという言葉が“ブーム”になっている。そもそもDXとは何か、日常の業務にどう役立てればいいのか。中小企業のデジタ...