この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

歴代会頭ゆかりの風景 第4回 藤山記念館

神奈川県

9代・11代会頭の藤山愛一郎は初代会頭・藤山雷太の長男で、9代会頭就任時は44歳でした。父と同様に実業家の道を歩んだ愛一郎は、大日本精糖(現・...

前の記事

歴代会頭ゆかりの風景 第2回 藤田記念庭園 洋館

青森県

弘前市出身の実業家・藤田謙一は、政財界に多くの人脈を持ち、日本屈指の財界人として活躍する一方、育英事業や寄付にも力を尽くしました。ふるさ...

関連記事

歴代会頭ゆかりの風景 第11回(最終回) 旭化成レーヨン陸上競技場

宮崎県

17代会頭・山口信夫は、タタール自治ソビエト社会主義共和国での抑留生活を経て復員し、大学卒業後旭化成に入社。同社中興の祖・宮崎輝(かがやき)...

歴代会頭ゆかりの風景 第10回 IHIものづくり館 アイミューズ(i–muse)

東京都

16代会頭の稲葉興作は、1946年に石川島芝浦タービン(後の石川島播磨重工業)に入社。83年に同社社長に就任し、技術者の発想でバブル崩壊後の不安...

歴代会頭ゆかりの風景 第9回 新日本フィルハーモニー交響楽団

東京都

1987年から15代会頭を務めた石川六郎は、父に日本経済団体連合会初代会長の石川一郎を持ち、昭和・平成期に活動した実業家です。鹿島建設の中興の...

検索

月刊「石垣」

20231月号

特集1
「品質と味」がブランドになる 世界に売り出せ日本産食材・食品

特集2
新春誌上セミナー 2023年の日本の展望と世界経済の行方

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする