歴代会頭ゆかりの風景

歴代会頭ゆかりの風景 第10回 IHIものづくり館 アイミューズ(i–muse) 無料会員限定

東京都

16代会頭の稲葉興作は、1946年に石川島芝浦タービン(後の石川島播磨重工業)に入社。83年に同社社長に就任し、技術者の発想でバブル崩壊後の不安...

歴代会頭ゆかりの風景 第9回 新日本フィルハーモニー交響楽団

東京都

1987年から15代会頭を務めた石川六郎は、父に日本経済団体連合会初代会長の石川一郎を持ち、昭和・平成期に活動した実業家です。鹿島建設の中興の...

歴代会頭ゆかりの風景 第8回 五島美術館

東京都

1984年に14代会頭となった五島昇は、東急グループの代表を務めた実業家です。東京急行電鉄(現・東急)の会長であった 父・慶太とは異なる視点で...

歴代会頭ゆかりの風景 第7回 浄土真宗本願寺派 東日山 弘願寺

広島県

日本の発展を支えた製鉄業に大きく寄与し、新日本製鐵(現・日本(にっぽん)製鉄)の初代会長として知られる永野重雄は、1969年に13代会頭に就任。...

歴代会頭ゆかりの風景 第6回 日本サッカーミュージアム

東京都

10代会頭・高橋龍太郎は、大学卒業後に大阪麦酒(後の大日本麦酒、1949年に朝日麦酒(現・アサヒグループホールディングス)と日本麦酒(現・サッ...

歴代会頭ゆかりの風景 第5回 TBSホールディングス

東京都

1957年に12代会頭となった足立正は鳥取県境町(現・境港市)に生まれました。外交官を志したものの家庭の事情から断念し、大学卒業後、三井物産に...

歴代会頭ゆかりの風景 第4回 藤山記念館

神奈川県

9代・11代会頭の藤山愛一郎は初代会頭・藤山雷太の長男で、9代会頭就任時は44歳でした。父と同様に実業家の道を歩んだ愛一郎は、大日本精糖(現・...

歴代会頭ゆかりの風景 第3回 多賀神社

岐阜県

日本商工会議所の4代会頭となった実業家の郷誠之助は、日本運輸をはじめとする多くの企業の再建や整理合併を手掛け、後に財界のリーダーとして活躍...

歴代会頭ゆかりの風景 第2回 藤田記念庭園 洋館

青森県

弘前市出身の実業家・藤田謙一は、政財界に多くの人脈を持ち、日本屈指の財界人として活躍する一方、育英事業や寄付にも力を尽くしました。ふるさ...

歴代会頭ゆかりの風景 第1回 瑞雲山龍興寺

愛知県

渋沢栄一の推薦を受けて倒産寸前の大日本製糖(現・大日本明治製糖)をわずか2年で建て直す実業家として活躍した藤山雷太は、商業会議所連合会(後...

検索

月刊「石垣」

202211月号

特集1
水産業╳商工連携で稼ぐ「スマート水産業」が注目される理由

特集2
今、一番気になるキーワード「メタバース」でビジネスチャンスをつかむ

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする