日商 Assist Biz

日商 Assist Biz

この記事をシェアする X でポスト Facebook でシェア

次の記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く 約30年間、給与水準の上昇が緩慢なわが国

真壁昭夫

過去約30年間、わが国の賃金上昇ペースが極めて緩慢だ。経済協力開発機構(OECD)による米ドルベースの平均賃金の推移を見ると、1991年から2021年...

前の記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く IMFの警鐘―世界の3分の1が景気後退

真壁昭夫

10月初旬、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は、「世界経済の3分の1が来年までに2四半期連続のマイナス成長(景気後退)に陥る」と警鐘...

関連記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く わが国経済に必要な新技術の開発

真壁昭夫

ここへ来て、日経平均株価は約34年ぶりの高水準に達した。その背景には、海外投資家の買いがある。元々、わが国の株価は安値に放置されて割安感が...

真壁昭夫の経済底流を読み解く わが国経済の現状と希望の光

真壁昭夫

わが国経済の地位低下になかなか歯止めがかからない。昨年12月、内閣府は、2022年のわが国の一人当たりの名目GDPは経済協力開発機構(OECD)加盟国...

真壁昭夫の経済底流を読み解く AIの利用拡大とわが国半導体産業復活のチャンス

真壁昭夫

現在、世界中でAI(人工知能)が注目を集めている。今後、AIを使った文章作成や情報解析など、広範囲な用途が見込める。数年後には、私たちの日常...

検索

月刊「石垣」

2024 7月号

特集1
専門分野に特化した視点と技術力

特集2
アスリートを支える地域企業

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする