日商 Assist Biz

更新

クローズアップ女性会 展示会開催し「絹のまち」発信

手づくりのアロハシャツ。和裁・洋裁の経験がない会員らが苦労して縫製(写真提供:岡谷市民新聞社)

着物をアロハにリメーク

岡谷商工会議所女性会は7月4~23日、絹の着物を仕立て直したアロハシャツなどを展示する「着物でアロハ展」を岡谷蚕糸博物館宮坂製糸所ギャラリーで開催した。岡谷市は製糸産業で栄えた〝絹のまち〟であり、その歴史と絹文化を後世に伝えようと、同女性会は2005年に「甦れ!絹の街プロジェクト」を開始。07年に会員らがたんすに眠っていた着物をアロハシャツにリメークし、県内の商工会議所女性会が集まる研修会で着用したほか、市民らを対象につくり方の講座を開催するなど絹のまちをアピールしてきた。 今回の展示会は、10月に開く女性会創立30周年記念式典のプレイベント。これまでの活動を振り返り、07年に製作したアロハシャツ12点と一昨年から昨年にかけて製作したジレ(ロングベスト)3点などを展示した。作品に使われた着物は大正・昭和時代に女性が普段着として着ていた銘仙などだ。ジレは式典でも着用し披露する。 同女性会の矢崎京子会長は「使わない着物がすてきに生まれ変わることを多くの人に知ってほしい。今後も絹文化の振興に寄与したい」と話している。11月2、3日には東京の長野県アンテナショップ銀座NAGANOで、市が岡谷シルクのイベントを開催。女性会は広く来場を呼び掛けている。

次の記事

岐阜県 可児商工会議所女性会

可児商工会議所女性会は、戦国武将・明智光秀をテーマに可児市が制作したオリジナルソング「麒麟児・みつひでクン」に合わせた盆踊りを考案し、6月25日に市役所で披露した。同…

前の記事

神奈川県 藤沢商工会議所女性会

藤沢商工会議所女性会は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、1964年の東京オリンピック開催時につくられた「江の島ヨット音頭」を普及させようと講…

関連記事

千葉県 千葉商工会議所女性会

千葉商工会議所女性会は七夕を前にした6月30日、医療の最前線で新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医療従事者の方々に対し、感謝の気持ちを込めた短冊をちりばめたメッセー…

東京都 東京商工会議所女性会

東京商工会議所女性会は6月5日、「第1回 交流・観光委員会‶プラスαの人的・知的交流〟ICT活用推進の取り組み」と題してオンライン形式での会議・交流会を開催した。もともと3月…

越谷商工会議所女性会

越谷商工会議所女性会は5月8日、越谷市役所を訪問し、手づくりマスク100枚を寄贈した。中村幸江会長より「新型コロナウイルス感染症の拡大で不安な毎日を送っている人たちへ。…