日商 Assist Biz

更新

テーマ別企業事例 〜導入実例〜 ものづくり企業ほどIoTは「役に立つ」

製造業のIoT導入が叫ばれているが、資金や効果の面から不安も多く未だ導入に二の足を踏んでいる中小製造業は多い。そこで、一足早くIoTを導入し、人手不足解消と効率化に大きな成果を上げている二つの企業を実例として紹介したい。

低下を続ける中小企業の生産性を改善

モノのインターネットと呼ばれるIoT(Internet of things)。その導入目的の一例は、機械設備に取り付けた各種センサーから取得したデータをネットワーク経由で収集・分析し、生産性の向上に役立て、付加価値の高いサービスとして活用することである。

労働力不足が深刻化する中で、大手製造業は生産性を向上させているが、中小製造業は逆に悪化している。その状況は中小企業庁がまとめた「IT導入支援とIoTの可能性について」という資料を見ると明らかだ。大企業と中小企業の従業員1人当たり付加価値額を平成8年から26年の18年間で比較すると、大企業製造業は14・3%増加させたのに対し、中小企業では10・3%も減少している。しかも両者の生産性の差は拡大する一方だ。そこで、中小企業製造業の生産性向上に寄与する手段として、IoTが期待されている。

では導入企業は、IoTをどのように活用しているのだろう。経済産業省「平成28年度ものづくり基盤技術の振興施策(ものづくり白書)」にある「従業員規模別のIoT等の技術の活用状況」を見ると、活用が進んでいる分野と遅れている分野に大きな差があることが分かる。

また従業員300人以下の企業は、300人超の企業に比べて、生産分野の「生産工程全般や個別工程の見える化」と、設計・開発分野の「生産時に判明した設計開発の不具合のフィードバックの活用」が遅れていることも明らかだ。

本特集で紹介する2社のIoTシステムは、見える化とフィードバックに関して強みを持ち、大きな成果を上げている。さらにシステムを低コストで自社開発し、外販しているという共通点もある。

次の記事

手島精管株式会社/澤田酒造株式会社/株式会社光機械製作所/宝榮産業株式会社/株式会社オプティマス

先代から事業を承継し、業績を上げ続けている女性の「後継ぎ」がいる。男性中心の職場といわれたものづくりの現場で、女性経営者が変えなかったこと、大きく変えていったことと…

前の記事

日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会/株式会社リブドゥコーポレーション

「消費者志向」は、今や多くの企業が避けて通れないテーマとなっている。消費者の声を的確につかみ、商品開発や経営に反映できれば、企業の業績は確実に上がるはずである。そん…

関連記事

西光エンジニアリング株式会社

BCP(事業存続計画)本来の意味は、企業を存続させて、雇用と顧客を守るということである。自然災害の多いわが国の場合は、BCPについて、災害から社員や社屋・施設を守る防災計…

釧路駅西商店街振興組合/中町商店街振興組合

人口流出や郊外型の大型ショッピング施設などに押されて、苦境に追い込まれている地方の商店街も多い。しかし、そのまちの特色や地域の名産を生かし、見事に復活した商店街もあ…

株式会社WORK SMILE LABO/株式会社岡部

日本をはじめ世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス禍によって、大小を問わず‶職場閉鎖〟の危機に見舞われた企業も多い。そこで、職場内の感染予防とBCP(事業継続計画…