日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 新名物は虹色のお菓子 高校生とのコラボ開発

「レインボークッキー」(12枚入り500円)税込み

豊後高田商工会議所青年部(大分県、豊後高田YEG)は、地域食材を使った新たなまちおこし商品として、カラフルな虹色のお菓子の発売を開始した。地元の高校生とのコラボレーションで開発されたお菓子は、手づくり感のある「レインボークッキー」と和菓子「紙ふうせん」。同所は、SNS映えするカラフルな商品をきっかけに、若い人たちをまちに呼び込みたい考えだ。「昭和のまち」の新たな名物として期待されている。

「昭和のまち」をテーマにさまざまなプロジェクトを推進してきた同所が新たに手掛けたのは、カラフルな虹色のお菓子2種。2017年に、「大分県地産地消品開発コンテストスイーツ部門」で優秀賞を受賞している県立高田高等学校で有志を募り、彼らの協力を得て地域食材を使った商品開発が始まった。

まず着手したのが顧客ニーズの調査。「若者向けのかわいい商品が少ない」「カラフルなデザインがいい」などの意見を受けて、地域に必要かどうか、求められる商品かどうかを検証した。そして、地元菓子店と相談しながら試行錯誤を重ね、商品のイメージカラーを虹色に決め、この春の商品化にこぎつけた。

パステルカラーのアイシングがかわいらしい「レインボークッキー」は、同市特産の落花生やそば茶など6種の味が楽しめる。また、抹茶あんを虹色の生地で包んだ和菓子「紙ふうせん」は、レトロな雰囲気に仕上がった。

同プロジェクトでは、若い感性を生かすことはもちろん、高校生が農商工連携の懸け橋になることで、地域循環型経済の確立や外貨獲得にもつなげたい考え。商品開発に関わることで、後継者不足に悩む郷土に若者たちが戻ってくるきっかけになるはずだ。

5月19日に開催された「仏の里・昭和の町豊後高田五月祭」でのお披露目では、用意した商品は完売し、出だしも上々。元号は令和となり、平成生まれの若者たちが地域活性のために考えた商品が、昭和のまちの新名物になる日は近い。

次の記事

京都府 舞鶴商工会議所

舞鶴商工会議所(京都府)は、舞鶴市の京都舞鶴港に寄港するクルーズ船の日本人乗客向けに市内のグルメや散策スポットを紹介する「舞鶴うまいもんガイドブック」を発行した。舞鶴…

前の記事

佐賀県 有田商工会議所

有田商工会議所は、同所の会員事業者を対象とした独自の補助金制度「ふるさと企業応援補助金」を創設した。同補助金は、有田町内の会員事業者の販路開拓やものづくり、人材育成…

関連記事

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)に事務局を置く、久慈・宮古・釜石・大船渡・八戸の商工会議所と岩手県県北広域振興局、沿岸広域振興局から構成される「三陸グルメマンガプロジェクト…