日商 Assist Biz

更新

i-BOX 今月の情報宅配便!! 「鳥人間コンテスト」で〝木工の街〟アピール

木工技術が生かされた機体。尾翼は組子細工

大川商工会議所青年部

大川市の木工の歴史は今から480年ほど前にさかのぼる。同市内を流れる筑後川は、その昔、水上交通の要衝地であり周辺には多くの船大工が住んでいた。その船大工の技術を生かして指物(さしもの・釘などを使わず木と木を組み合わせてつくった調度品や建具)をつくったことが始まりといわれる。

同コンテストへの取り組みは親会(大川商工会議所)や地元木工関係団体、さらには知事、市長などからの要請で始まった。

本年4月に出場が決定し、その後、約3カ月間で大川市支援ブランド「木のきもち」に由来する木製飛行機「木のきもち号」を製作した。

コンテスト当日は、台風12号の影響で天候は曇り。琵琶湖上に立つ櫓の上は、ゆるやかな追い風と飛行にはやや不利な状況の中、この日のために体重を72㎏から57㎏に減量したパイロットの近藤将隆さんは、同市倉重良一市長や同所津村洋一郎会頭などの声援を受け、9時35分、大空へ飛び立っていった。

同青年部で鳥人間実行委員長の津崎繕幸さんは「存分にアピールできた。応援していただいた全ての人に感謝したい」と述べた。また同青年部平成30年度会長の田中雅博さんは「メンバー59人の結束が高まった。この挑戦は大きな財産になる」とこの取り組みを評価した。

「木のきもち号」は10月6日から8日まで開催の「大川木工まつり」で展示される。

お問い合わせ

所在地:福岡県大川市大字酒見221-6

電話:0944-86-2171

HP:http://www.okawa-cci.or.jp

次の記事

岐阜県 土岐商工会議所

伝統の手仕事への注目が高まり、各地で後継者育成や新規事業展開に注力している昨今。陶磁器生産量日本一の焼き物のまちとして名高い土岐市でも、技術継承と革新の両軸による事…

前の記事

愛知県 碧南商工会議所

旭鉄工株式会社(本誌2017年7月号、特集2「町工場でも“即”成果がでるIoT」掲載)代表取締役社長の木村哲也氏はこのほど、『Small Factory 4・0 第四次「町工場」革命を目指せ…

関連記事

岐阜県 土岐商工会議所

昭和35(1960)年に創業した陶磁器卸売業のカネスは、世界的な課題である海洋プラスチック汚染問題に着目し、昨年から美濃焼ストロー「MYSTRO(マイストロ)」の製造販売を開始…

長野県 下諏訪商工会議所

日本の優れた商品・サービスを認定し、国内外に発信するプログラム「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション) 2020 第1期」の受賞対象が6月1日に発表された。外国人選…

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所では、外郭団体の「公益財団法人会津地域教育・学術振興財団」を運営し、会津地域の教育・学術の振興に努めている。なかでも、さまざまな助成事業で会津大学…