セレクト地域短信 地産地消事業で受賞 「食材の宝庫」特色生かす

授賞式の様子

小樽商工会議所(北海道)に事務局を置き取り組んでいる「知産志食(ちさんししょく)しりべし」プロジェクトが、農林水産省主催平成30年地産地消等優良活動表彰で「農林水産省食料産業局長賞」を受賞した。本賞は、全国各地で創意工夫の見られる地産地消事業や、国産の農林水産物・食品などの消費拡大を推進する企業、団体に贈られるもので、特徴的な地域ブランドの開発、かつ継続的な取り組みが評価された。

北海道の縮図といわれる食材の宝庫、後志(しりべし)の魅力をPRするために発足した「知産志食(ちさんししょく)しりべし」プロジェクト。小樽商工会議所を中心に、生産者、飲食・食品製造、ホテル関係者などの協力を得て、2010年度からさまざまな取り組みを実施してきた。

「知産志食」とは、「産地を知って後志を食べましょう」を意味する造語。北海道南西部の小樽市や余市町、ニセコ町などを含む1市13町6村から構成される小樽・後志は、ホタテやホッケなどの海の幸、アスパラガスやジャガイモなどの農産物、酪農製品など北海道をイメージする食材がそろうという、地の利を生かした事業だ。

ご当地ブランドとして人気の「小樽美人」シリーズは、女性の美に着目した梅酒などのリキュール酒開発に始まり、現在は純米吟醸酒やスイーツなども展開中。また、小樽ゆかりのニシンを使用した市内の水産加工会社7社の統一ブランド「ニシン小樽漬」を販売している。4月から11月末にかけて実施した「知産志食しりべしスタンプラリー2018」では、後志の道の駅や物産施設、小樽市周辺の常設施設など87カ所が参加した。 その他、小学校での食育授業は地域に根差した活動として継続的に実施中だ。「受賞を契機にパワーアップしたい」と同所担当者。地元食材の具体的な活用や地域間の連携強化など波及効果も表れ始めた。地域をけん引するプロジェクトとして、今後の発展が期待される。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 ヨガツアーで誘客 離島の魅力を体感

三重県 鳥羽商工会議所

鳥羽商工会議所(三重県)は11月17~18日の2日間、「秋ヨガツアーin答志島2018」を開催した。年に一度の女性限定ツアーで、13人の参加者が自然を満喫...

前の記事

セレクト地域短信 南アルプスの自然生かし観光振興へ

長野県 伊那商工会議所

伊那商工会議所は10月6~7日と17~18日、各回1泊2日で「伊那谷の自然と人に会いに行くモニターツアー」を実施した。同事業は、交流人口拡大のため...

関連記事

セレクト地域短信 はっさくん年賀状作成 今年の干支「寅」とコラボ

広島県 因島商工会議所

因島商工会議所(広島県)はこのほど、「2022年はっさくん年賀状」の画像データを作成した。年賀状は、尾道市因島が発祥の柑橘「八朔(はっさく)」...

セレクト地域短信 「仙台初売り」2日開幕 豪華福袋で盛り上げ

宮城県 仙台商工会議所

仙台商工会議所(宮城県)は、1月2日に開幕する恒例の伝統行事「仙台初売り」を各種催事で盛り上げている。初売りでは、各店舗や商店街が感染症対...

セレクト地域短信 大通りでだるま市 ドライブスルー販売も

群馬県 高崎商工会議所

高崎商工会議所(群馬県)などが協力する「高崎だるま市実行委員会」は1月1日と2日、市の伝統工芸品である「だるま」の毎年恒例イベント「高崎だる...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする