資源エネルギー庁

経産省 エネルギー問題を解説 自給率や環境対応など分析

経済産業省資源エネルギー庁はこのほど、公式サイトのスペシャルコンテンツのコーナーで、「2021―日本が抱えているエネルギー問題」と題したレポー...

エネ庁 22年度電力需給見通し 8エリアで予備率3%台に

経済産業省資源エネルギー庁は5月27日、総合資源エネルギー調査会の「電力・ガス基本政策小委員会」に提出した「2022年度の電力需給見通しと対策に...

エネルギー基本計画 改定に向け意見書提出 安定性、経済性に課題

日本商工会議所の広瀬道明特別顧問・エネルギー・環境専門委員長(東京商工会議所副会頭)は5月20日、経済産業省で保坂伸資源エネルギー庁長官と会...

エネルギー基本計画 安定性・経済性を重視 三村会頭が意見陳述

経済産業省資源エネルギー庁は2月24日、第37回総合資源エネルギー調査会基本政策分科会をオンラインで開催。日本商工会議所の三村明夫会頭が出席し...

FIT賦課金単価 19年度は2・95円 エネ庁

資源エネルギー庁はこのほど、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における2019年度の賦課金単価などを決定した。

FIT賦課金 5年連続で上昇 当初の12倍の単価に

資源エネルギー庁はこのほど、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)に基づいて、2017年度の電力利用者が負担する賦課金単価と新規参入者向け買...

資源エネ庁 投資戦略を策定 28兆円の効果見込む

資源エネルギー庁はこのほど、「エネルギー革新戦略」を決定した。昨年11月の「未来投資に向けた官民対話」における「エネルギー・環境制約を新た...

FIT賦課金 4年連続で単価上昇 5月検針分から適用 標準家庭で月201円増

資源エネルギー庁はこのほど、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)に基づいて、2016年度の電力利用者が負担する賦課金単価と新規参入者向け買...

経産省 エネルギー産業の国際展開推進

経済産業省・資源エネルギー庁はこのほど、インフラ輸出などを通じたエネルギー産業の国際展開を推進する「Enevolution」(エネボルーション)イニシ...

地方への好循環拡大を 緊急経済対策特集 平成26年度補正予算案 中小企業・小規模事業者対策のポイント

地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策

政府は9日、昨年末に取りまとめた「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」の裏付けとなる平成26年度補正予算案を閣議決定した。予算案は26日に...

ベストミックス 今後の課題に 基本計画を閣議決定 責任あるエネルギー政策実現を 「福島再生」が出発点

政府は4月11日、新「エネルギー基本計画」を閣議決定した。新計画では、震災前に描いてきたエネルギー戦略は白紙から見直し、原発依存を可能な限り...

検索

月刊「石垣」

20231月号

特集1
「品質と味」がブランドになる 世界に売り出せ日本産食材・食品

特集2
新春誌上セミナー 2023年の日本の展望と世界経済の行方

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする