日商 Assist Biz

更新

まちの視点 ありがとうがあふれる店

「世界一ありがとうがあふれるお店を目指しています」とベーグルカンパニーの茶野佐知子さん

本格的なベーグルを食べたのは、初めて訪れたニューヨークでのことだった。たしかスモークサーモンとスライスオニオンがサンドされたものだったが、スーパーマーケットのイートインコーナーで、おいしさに夢中になってほおばったことを覚えている。

先日、そのときの感激を思い出すようなベーグルに出会った。川崎市多摩区にある小さな店「ベーグルカンパニー」は旬と笑顔のあふれる店だ。

一念発起し航空会社を退職

店主の茶野佐知子さんは、日本を代表する航空会社で活躍した元キャビンアテンダント。「フライト先のニューヨークで食べたベーグルのおいしさが創業のきっかけの一つ」という彼女は、幼い頃からお菓子づくりが好きな少女だった。 航空会社での仕事は充実していたが、大企業のワンピースとしてではなく、たとえ小さな存在でももっと主体的に、関わる人たちを笑顔にしたいと起業を決意。退職翌日にはベテラン職人たちが腕を磨くために通う本格的な製パン学校に飛び込んだ。

彼我の技術レベルの違いにも諦めずに研さんを重ね、他店での修業を経て、開業したのは2008年5月。途中幾度かくじけそうになったと彼女は振り返るが、そのたびにご主人に励まされ、ようやく小さな店は開業した。

大切にしたのは素材と手づくり。彼女は自身のホームページで次のように語っている。

「ベーグルカンパニーの味の決め手は〝引き算〟。素材のおいしさ、風味を引き出したいから、必要最小限の素材だけでつくっています。だから基本のプレーンベーグルの生地は、北海道産小麦、天然酵母、きび砂糖、天然塩、水だけのシンプルな材料でつくられています。具材ももちろんつくれるものは全て手づくりです。もちもちの食感になるように生地の声に耳を傾け、最後の瞬間まで手をかけます。〝おいしい〟をつくるために、毎日丁寧に、真剣につくっています」

このように基本の原材料はすべて厳選した国産。レモン、ミカン、キンカン、あんずなどは、地元にある実家で栽培する無農薬ものを使用し、そのほかの農産物も多くが顔の見える生産者が手掛ける地元産の旬のものを生かしている。

削り節とのコラボレーション

店の奥の調理場からは、スタッフさんたちのハキハキとした声が聞こえてくる。手づくりだから、その工程の手数は必然的に増え、簡単ではない。しかし、皆さん元気がいい。例えるなら、地区大会上位進出を目指す女子高運動部のような団結と明るさがあった。

だから、訪れるお客さんもみんな笑顔。本当においしいものを前にして不機嫌な人はいないし、笑顔は相手を笑顔にする。 品ぞろえは定番商品と季節商品が半々ずつで、常時20品目ほど。その他にも季節を感じさせる焼き菓子が売り場に彩りを添えている。定番商品の味の確かさはもちろん、オリジナリティーあふれる季節商品もベーグルカンパニーの魅力だ。

最近では、国内最高峰の証である天皇杯を受賞した西尾商店(静岡市)の削り節を原料としたベーグルが店頭を飾った。きっかけは、あるセミナーでの出会いにあるという。

「昨年の2月に、商業界ゼミナールという商人の勉強会に参加したところ、静岡の和食そば屋の店長さんと親しくなりました。その後、会うことはなかったのですがフェイスブックでつながっていたので、当店の日々の奮闘ぶりを見ていてくれたようです。そして、『自分の知り合いに日本一の削り節屋がいる。ベーグルの素材としてどうかな?』と連絡をくれたことがきっかけでした」

チャンスの神様に後ろ髪はない、とよくいわれる。常に学び、それを実践し、試行錯誤を楽しんでいるからこそ人との出会いがあり、それが彼女の商いを豊かなものにしている。

(商業界・笹井清範)

次の記事

1日100食限定の飲食店「佰食屋(ひゃくしょくや)」

1冊のビジネス書が反響を呼んでいる。1日100食限定の飲食店「佰食屋(ひゃくしょくや)」を運営する中村朱美さんによる『売上を、減らそう。』だ。2012年、京都市内に開店した同…

前の記事

家具製造企業「飛騨産業」

律令(りつりょう)の時代から建築・木工技術が高く評価され、時の中央政府から税を免じてまで貢進を義務付けられ、その技術によって都づくりに貢献してきた「飛騨の匠(たくみ)」…

関連記事

「家族の笑顔」をテーマに婦人服、子供服と雑貨を商う「COSUCOJI(コスコジ)」

創業13年目、埼玉・北浦和を拠点に5店舗を展開し、「家族の笑顔」をテーマに婦人服、子供服と雑貨を商う「COSUCOJI(コスコジ)」を営む小杉光司さんを久しぶりに訪ねたのは今年…

経済学者・思想家 ジャック・アタリ

「パンデミックという深刻な危機に直面した今こそ〝他者のために生きる〟という人間の本質に立ち返らねばならない」こう語るのは、ヨーロッパを代表する知性であり、フランスの…

栃木県のカメラ専門店チェーン「サトーカメラ」

日本の戦後商業の歴史は産業化、チェーンストア化の歴史でもあった。生活者の立場から日々の暮らしを豊かにする使命を掲げ、多くの商業者が“坂の上の雲”を目指して産業化、チェ…