日商 Assist Biz

更新

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]退社後や休日の社員のアルバイト

Q 社員の中に、退社後スナックにアルバイトに行っている女性社員や休日に配送のアルバイトをしている社員がいます。本人たちは会社には迷惑をかけていないと言っており、実際、仕事は普通にやっていますが会社としては仕事に支障が出ないか気にかかります。これを禁止することはできるでしょうか。

A 社員のアルバイトによって、その社員が会社の仕事を十分にすることができない、会社の営業秘密がアルバイト先に漏れてしまう、会社の社会的信用が害される、社員の健康が害されるという事情がある場合には、これを禁止することができますが、そうでない場合にはアルバイトを禁止することはできません。

副業・兼業に対する考え方

使用者は、就業時間中、労働者に労務の提供を求め、また、指揮命令することができますが、退社後や休日など、就業時間以外の時間をどのように利用するかは労働者の自由です。

したがって、就業時間外に副業をしたり、別の会社で働くということは、憲法上保障された「職業選択の自由・営業の自由」に属する問題ともいえます。

しかし、社員は、労働契約に基づき、会社に対して誠実義務や職務専念義務を負っており、たとえ私生活上の自由といえども、これらの義務に違反する場合には一定の制限を受けます。したがって、就業時間外の副業・兼業であったとしても、会社に対する誠実義務を果たせないような場合には、これを制限することができます。通常、会社の就業規則には、「会社の許可なく事業を行い、又、他に雇用されてはならない」という兼業、兼職禁止(二重就職禁止)規定が置かれていることが多いのは、このためです。

ただ、前述の通り、就業時間外に、社員が副業を営み、また、他の会社で勤務することは原則として自由です。そのため、就業規則で「会社の許可なく事業を行い、又、他に雇用されてはならない」旨の規定を定めても、これが無制約に認められるものではありません。

社員の会社に対する労務提供に特に支障が生じていないにもかかわらず、副業や兼業を一切禁止するのであれば、会社は、単に労働の対価を支払うだけではなく、本来、自由な副業・兼業を禁止する代償も支払う必要があると考えられます。

社員への対応について

社員の副業・兼業については、原則として、これを禁止せず、社員の就業に支障が生ずる場合や会社業務に支障が生ずる場合に限って禁止すべきでしょう。

一方で、会社は、社員の健康に配慮する義務がありますので、副業・兼業が社員の健康に悪影響を及ぼすと考えられるときには、その副業や兼業を禁止することができます。就業規則の定め方としては、一律、副業・兼業を禁止するというのではなく、社員が副業・兼業を行う場合には、会社に届け出をするものとし、会社は、届け出のあった副業および兼業については、「社員の就業に支障が生ずること」「会社業務に支障が生ずること」「社員の健康を害すること」などの限定した場合について副業・兼業を禁止できるという形がよいでしょう。

会社と社員双方の正しい理解が重要

たとえば、就業時間を終え、退勤後の夜間のスナックでのアルバイトや、休日の配送のアルバイトが深夜ないし長時間におよぶことによって、その影響で会社での仕事に支障をきたしているという場合には、これを禁止することができます。

しかし、今回の設問の場合には、会社での仕事は普通にやっているということなので、その副業によって会社の信用が損なわれるなどの具体的な事情がない以上、これを禁止することは難しいでしょう。副業・兼業については、どういう場合に認められるのか、会社と社員双方が正しく理解することが重要です。 (弁護士・山川 隆久)

お問い合わせ

会社:Supported by 第一法規株式会社

住所:東京都港区南青山2-11-17

電話:03-3796-5421

HP:https://www.daiichihoki.co.jp/netqa/

次の記事

第一法規株式会社

当社は家電製品の卸販売をしておりますが、この度、メーカーに懐中電灯を3000個発注したところ、300個しか納入されていませんでした。これでは、ほとんどの小売業者へは納期ま…

前の記事

第一法規株式会社

このたび、当社では、新たな代表取締役を選任しました。代表取締役の氏名・住所については、会社の商業登記に記載が必要だと聞いたのですが、登記の申請の必要性について注意点…

関連記事

第一法規株式会社

当社では、出退社管理はタイムカードを使用していますが、働き方改革の一環で労働関連法が改正されて「労働時間の客観的な方法による管理義務」が課せられることになったと聞き…

第一法規株式会社

唯一の自社工場が台風により全壊し、建物内の生産設備も使い物になりません。これから、建物や生産設備を整える資金も気力もありません。現在、従業員にはとりあえず休業しても…

第一法規株式会社

テレワークの導入にあたり、助成金が活用できるとのことですが、どのようなものがありますか。また、導入時に留意すべき点について教えてください。機器の導入をはじめ、テレワ…