日商 Assist Biz

更新

営業秘密

中小企業のセキュリティー対策 vol.49 内部不正による 情報漏えい減少せず

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

近年、企業の技術情報を同業他社や海外企業に不正に持ち出した事案が相次いで報道され、営業秘密の保護強化が課題となっている。そこで、独立行政...

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]退社後や休日の社員のアルバイト

第一法規株式会社

社員の中に、退社後スナックにアルバイトに行っている女性社員や休日に配送のアルバイトをしている社員がいます。本人たちは会社には迷惑をかけて...

中小の特許料金一律半減

2018年5月23日に「中小企業の特許料金の一律半減制度」を盛り込んだ改正特許法が国会で成立し、5月30日に公布された。全ての中小企業を対象に、19...

中小企業のセキュリティー対策 vol.14 内部不正対策は経営課題

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

近年、企業や組織において、内部不正による情報セキュリティー事故が原因で事業の根幹を脅かすようなケースが目立つようになってきた。その典型例...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】社員または委託先から個人情報が漏れたときは

第一法規株式会社

顧客の住所、氏名などの個人情報が第三者に漏れた場合、情報の悪用がなくともプライバシー侵害になります。個人情報の管理に過失が無くても、貴社...

困ったときの下請かけこみ寺 -相談事例別アドバイス21- 自社のアイデア・技術などを無断利用から守るには?

公益財団法人 全国中小企業取引振興協会

このコーナーでは、下請取引に関する「かけこみ寺」に相談があった事例を参考に、中小企業の取引上のトラブルや疑問点の解決の基本的な考え方およ...

改正個人情報保護法 5月30日全面施行

改正個人情報保護法の今年5月30日からの全面施行が迫ってきた。同法は、個人情報を扱う事業者は規模を問わず対象となる。しかし利用を厳しく制限し...

テーマ別誌上セミナー 全ての事業者に適用される 改正個人情報保護法のツボ

影島広泰

改正個人情報保護法が本年5月30日から全面施行され、個人情報を扱う事業者は規模を問わず対象となる。しかし利用を厳しく制限したマイナンバー法と...

企業を襲うサイバー脅威 標的型攻撃 狙われる情報とその保護

長谷川長一

「標的型攻撃」は、かなり以前から行われてきましたが、特に昨年以降は大きな実被害が多発している脅威です。「情報セキュリティー上の攻撃で、無...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】不正競争防止法の改正をご存じですか?

第一法規株式会社

故意に営業秘密を転得し、使用または開示を行う行為が、左図のように3次取得者以降であっても実行行為者及び法人処罰の対象になりました。すなわち...

困ったときの下請かけこみ寺 ‐相談事例別アドバイス‐7 「不当な経済上の利益提供」に該当する恐れ有り

公益財団法人 全国中小企業取引振興協会

「不当な経済上の利益提供」に該当する恐れ有り Q. A社(資本金2億円)は、B社(資本金15億円)から製品の部品の製造委託を受けていますが、商品化を...

企業の22%が模倣被害 「ネット」で6割超

特許庁はこのほど、「2015年度模倣被害調査報告書」を取りまとめた。模倣被害率は21・9%(前年度比0・1ポイント減)と横ばい。インターネット上の被...

情報漏えい 対策公開 経済産業省

経済産業省はこのほど、企業が秘密情報の漏えいを未然に防ぐための対策例を紹介する「秘密情報の保護ハンドブック~企業価値向上に向けて~」を取...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】社外秘情報の流出対策

第一法規株式会社

情報流出というとハイテク犯罪をイメージする人が多いかもしれません。しかし、実際は退職者による情報流出が最も多いという調査結果があります。...

知財推進計画 中小の戦略構築後押し 活用推進プログラム 大学との連携も強化

政府の知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)はこのほど、「地方における知財活用の推進」「知財紛争処理システムの活性化」「コンテンツおよ...

特許法改正案を閣議決定 2014年度模倣被害調査報告書概要(特許庁)

特許庁は11日、わが国の企業などの模倣被害の実態について、2013年度のアンケート調査結果を「2014年度模倣被害調査報告書」として取り...

知的財産政策に関する意見を取りまとめ

日本商工会議所は2月19日、「知的財産政策に関する意見」を公表した。今後、内閣官房知的財産戦略推進事務局をはじめ関係省庁に提出し、知的財産推...

営業秘密保護官民戦略会議 技術情報 流出防げ 行動宣言を採択

日本商工会議所などの経済団体、経済産業省など関係府省庁などは1月28日、技術情報などの営業秘密などの流出防止に向けた「行動宣言」を取りまとめ...

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]取締役がライバル会社へ転職!

第一法規株式会社

今期限りで退職予定の取締役(専務)が、ライバル会社へ転職予定らしく、有能な社員の引き抜きを図ったり、当社の営業上のノウハウを漏らしたりし...

経産省、日商に要請 個人情報漏えい防止を 安全管理徹底呼び掛け

経済産業省はこのほど、ベネッセコーポレーションの個人情報漏えい事案の発生を受けて、個人情報保護法などの遵守について周知徹底を行うよう、経...

  • 1
  • 2