日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年4月11日号 丁野朗

新型コロナウイルス感染症は、中国武漢市の局地的と思われた現象から、一気に世界的規模のパンデミック状況に発展した。感染は予想をはるかに上回る規模とスピートで拡大し、注目のオリンピックも一年延期といった事態に追い込まれた。

▼こうした一連の事態に強い影響を受けているのが、対個人サービス業や商業、観光業である。中でも観光業への影響は深刻である。本コラムが出る頃には事態はさらに深刻になっていると推察されるが、2月末時点のJNTO(日本政府観光局)の発表では、中国市場は対前年度88%減、韓国80%減、東アジア市場全体で72%減という壊滅的な状況である。その後の入国拒否や制限の拡大を考えると、さらに厳しい状況となろう。

▼もともと観光は、戦争、テロ、大規模災害や今回のような感染症に誠に弱い産業である。しかも小規模経営体が多く、日々の収入に依存する事業所が多い。この状況にどこまで耐えられるのかの対策と見通しが、いまの最も重要な経営戦略になっている。

▼2008年に観光庁が発足してから5年間、インバウンド客が全く伸びない時期があった。発足年のリーマンショックと3年後の東日本大震災である。しかしこの間、観光庁をはじめ日本の観光業界はビザの解禁や多言語、Wi‐Fi環境の整備、キャッシュレス化などの対応と国別の地道なプロモーションを粛々と進めた。その結果が、今日の大きな躍進につながった。

▼コロナ禍は、いつか必ず収束する時期が来る。その時期をどう読むかは難しいが、いま観光を含めて、産業界としてやるべき対応は、多忙な発展期にはできない、未来を見据えた戦略とその実現のための準備であろう。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

時事通信社常務取締役 中村恒夫

リーマンショックに東日本大震災。日本経済は今世紀に入ってから経験したことのないような衝撃に見舞われた。新型コロナウイルスの感染拡大による影響は「二つの衝撃を重ね合わ…

前の記事

コラムニスト 宇津井輝史

スポーツの記録を伸ばす上で、用具のサポートがどこまで許されるのか。米国N社製厚底靴が問題になったのは記憶に新しい。2018年にこれを履く選手がマラソンで2時間1分台の記録…

関連記事

コラムニスト 宇津井輝史

20世紀が始まったのは1901(明治34)年である。当時の日本人は慣れ親しむ元号以外の数え方があることなど関心がなかった。世紀が変わったからといってさしたるイベントはない。慶…

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

コロナ禍で急速に広がったテレワーク。先日、企業で働く友人数名を集め、テレワークの状況について語ってもらった。全社的なテレワークが、想定以上にうまくいっていることに、…

政治経済社会研究所代表 中山文麿

日本を襲った新型コロナウイルスの死者数は欧米と比較してはるかに少ない。しかし、この現象は東アジアの国々に共通したことで、人口10万人当たりの死者数では、わが国は東アジ…