この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

観光土産品審査会 第55回 国土交通大臣賞

陰陽の和ろうそく

明治26年創業の、新潟市にある「小池ろうそく店」は、県指定の工芸品として認定された「和ろうそく」をつくり続けている専門店。「わずかでも喜ば...

関連記事

観光土産品審査会 第62回 受賞商品vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

尾州御朱印帳

ファンシーヤーン(意匠糸)で織られた独得の華やかさと表情のある生地で装丁した「尾州(びしゅう)御朱印帳」。生地は、毛織物の一大産地である尾...

観光土産品審査会 第62回 受賞商品vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

青みかんジャム

食品部門で日本商工会議所会頭賞に輝いたのは「菓子工房 青い空」(神奈川県足柄上郡)の「青みかんジャム」。温州みかんの摘果(間引きする未完...

観光土産品審査会 第62回 受賞商品vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

ビアモルトクラッカー

埼玉県春日部市のせんべいの老舗メーカー・三州製菓が「米国では、廃棄される麦芽かすを菓子として付加価値を付けて販売している」という記事に触...

月刊「石垣」

20227月号

特集1
地域の特色を“味”に変えて売り出す!業績を上げる食品製造業はひと味違う

特集2
日商創立100周年記念講演会 第1弾 中小企業こそ世界で稼ぐ

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする