日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 会社訪問記 「株式会社フラットヘッド」 ~こだわりから生まれる垂涎の品々

長野県千曲市に本社がある「株式会社フラットヘッド」という企業の話をしたいと思います。お世辞にも便利とは言えない立地にありながら、スゴイ仕事をしています。「ザ・フラットヘッド」はジーンズが有名なアメカジのブランドですが、他にも「R・J・B」「ハードバード」など複数のブランドを有し、衣料品や服飾雑貨などの企画・販売を行っています。メイド・イン・ジャパンにこだわった商品は、世界十数カ国に輸出されています。ほかにレストランを2店舗、全国展開を視野に入れたフローズンヨーグルトのブランドを経営するなど、さまざまな事業を展開するとてもユニークな会社です。

社長の小林昌良氏は1950年代のアメリカに魅了されており、商品のコンセプトにも影響しているのではないでしょうか。ここを代表するジーンズは50年代のアメリカンカルチャーを基とし、各年代のヴィンテージジーンズの良さ(40年代以前の染色・50年代の縫製・60年代の色落ち)を併せ持ち、かつ日本人の体型を考慮しつくられており「今と過去の融合」がテーマになっています。過去の良い部分を手本としつつ、生地の織り方や染め方のみならず、縫うための糸のより方や色合いまで当時を超える技術で再現しています。驚かされるのはミシンまで当時の物を海外から収集して活用していることです。それにしても、なぜミシンまで買い揃えたのかを尋ねると、「昔のミシンは縫うときに生地によれが生まれます。その自然なよれ方などもマニアにはたまらなく魅力的なのです」とのことでした。

すべてにおいてこのようなこだわりよう、しかも縫製が上手で丁寧なので、この会社の商品はどれも高品質でそして高価です。これらの中には3年待たないと手にはいらない品もあるというのですから、驚きです。

私は震災復興ボランティアとして10社ほどのコンサルタントを無料で行っています。その中に岩手県一関市の「京屋」という染物屋があります。そのオーナーさんを以前「フラットヘッド」にお連れしたところ、かなり衝撃を受けたようでした。彼いわく、「ここのデニムの染色技術は昔ながらのやり方で、手を抜いた箇所が全くない」とのこと。そして、真剣な面持ちでこう言いました。「私は今まで商業用という意識から、手抜きをしていたのかもしれません。これからは、自分が誇れる仕事をしたい」。早速、納得のいく染色の準備を始めるとのことでした。

「フラットヘッド」、ここの商品は、決して万人向きではありません。しかし、こだわりに納得したお客さまにとっては垂涎の的です。「本物になら、お金を出すことをいとわない」という、現在の消費動向にマッチした、実に素晴らしい経営内容だと思います。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

岩手県一関市の「世嬉(せき)の一酒造」という蔵元は、日本酒だけでなく地ビールづくりやレストラン経営にも力を入れている会社です。私は震災ボランティアとして3年前からこの…

前の記事

小山政彦

この3カ月はさまざまな事例を挙げて、復活力についてご紹介しています。復活といっても、日産自動車の社長兼最高経営責任者、カルロス・ゴーンさんが手腕を発揮した業績のV字…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…