日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 手駒の中でチャレンジする

岩手県一関市の「世嬉(せき)の一酒造」という蔵元は、日本酒だけでなく地ビールづくりやレストラン経営にも力を入れている会社です。私は震災ボランティアとして3年前からこの会社のコンサルティングをさせていただいています。お付き合いを始めたころ、震災被害による巨額な蔵の修繕に頭を抱えていた社長の佐藤航さんに、私はこんな話をしました。

「日本人の食文化は、世界を相手にできる可能性を秘めている。確かに今はピンチだが、やり方を変えるチャンスでもある。佐渡島(さどがしま)の『北雪酒造』という蔵元には、業界用語でYK35と呼ばれる製法を用いた『北雪 大吟醸 YK35』という世界から注目されている酒がある。同様に、山口県岩国市の『旭酒造』の『獺祭 磨き二割三分』のように、独自固有の長所をもった酒づくりで飛躍的に業績を伸ばした蔵もある。うちもそうしようじゃありませんか、10億円、20億円の売上を目指しましょう」

以来、世嬉の一酒造は、そのために必要な経営体力づくりにとりかかったのです。ポイントは2つ。一つは地ビールでもっと独自固有の長所をもった商品をつくること。もう一つはレストランを結納式や結婚式の二次会で地域に役立ててもらうためにランクアップさせ、観光客のためだけでなく、内外に地元の食文化の魅力を発信していくという使命も担ってもらうことにしました。まさにできることから始めたのです。

暗中模索ではありましたが、佐藤社長は身を粉にしてさまざまなチャレンジを行いました。その中で、何と山椒(さんしょう)を入れた季節限定のビールや、牡蠣(かき)を使用したビールなどが話題になりました。また、素晴らしいデザイナーの協力により、赤蔵、黒蔵、金蔵という3種の缶ビールの販売も開始しました。1缶310円と少々高値であるにもかかわらず首都圏で好評を得て、徐々に岩手県でも注目されるようになってきました。

気になる業績ですが、2013年にはさまざまな努力が実り始め、喜ばしいことにまずまずの利益を上げることができました。さらに今夏は、コンビニのローソンが、その缶ビールを扱ってくれることになり、利益の倍増をも見込める状態になりました。

実を言うと、同社はまだ会社の根幹となる日本酒づくりの変革には手を付けていません。ただ、思い切った改革はできなくても、手駒の中の危険性の少ないチャレンジで成果を上げているのです。このことはどんな業種にもできることです。小当たりを続けているうちに大当たりを生む力がついていきます。大事なのは飽くなきチャレンジ精神です。それが組織の活性化、元気を生んでいくのです。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

今から30年前の1983年、私が船井総研に入社する前の年に偶然手にした雑誌の中に、悠玄亭玉介さんという幇間のインタビュー記事がありました。幇間というのはお座敷遊びのときの…

前の記事

小山政彦

長野県千曲市に本社がある「株式会社フラットヘッド」という企業の話をしたいと思います。お世辞にも便利とは言えない立地にありながら、スゴイ仕事をしています。「ザ・フラッ…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…