企業の力になる 検定試験 vol.4 簿記は会社経営のパートナー

サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久さん

真の姿を見るために必要

簿記の仕組みを初めて見た時は「なぜ、こんなことをするのだろう」と思っていました。学ぶきっかけは「稲盛和夫の実学」を読んだことです。

経営者である稲盛さんが、「採算の向上」、「ダブルチェック」、さらには「資産か費用か」など簿記に直接関わる内容まで、驚くほど詳しく述べておられます。

私はこの本から「会社の真の姿」、つまり実態が分からなければ、経営は怖くてできない、ということを学びました。人間で言えば、朝起きた時の「気分」だけではなく、体温を測らなければ正確な健康状態は分からないですよね。大切なことは、実態をいかに正しく表すか、です。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

企業の力になる 検定試験 vol.5 簿記から受けた感動を伝えたい 無料会員限定

芸能文化会計財団 理事長 山田真哉

大学で日本史を専攻する傍ら、予備校で現代文や古典を教えていました。卒業してから、簿記をはじめ会計や法律、経営の勉強を始めて、公認会計士の...

前の記事

企業の力になる 検定試験 vol.2 簿記が分かれば経済が分かる 無料会員限定

慶応大学教授 竹中平蔵

人間は、社会の中で生きていますから、お互いが意思疎通するためには言語が必要です。簿記も経済活動を理解するための言語です。日本語や英語と違...

関連記事

企業の力になる 検定試験 Vol.13 原価計算が成長の鍵 無料会員限定

岡崎商工会議所会頭 岡崎信用金庫会長 大林市郎

岡崎はものづくりのまちですが、製造業でも中小零細企業になると意外と「原価計算」が行えていません。きちんとしたコスト計算ができていないため...

企業の力になる 検定試験 vol.12 簿記資格は自分の武器 企業の力になる 無料会員限定

日本公認会計士協会準会員 奥村 武博

3歳で野球を始め、甲子園でプレーすることを夢見ていました。中学生の時、地元岐阜県の土岐商業高校に甲子園出場経験のある監督が赴任されたことか...

企業の力になる 検定試験 vol.11 簿記を分かりやすく 無料会員限定

タレント 酒井瞳

故郷である宮崎県延岡市の商業高校に入学して、必修の授業で初めて簿記を勉強しました。いつも担任の先生から「就職する時に簿記の資格があれば非...