日商 Assist Biz

更新

挑む!経営支援編 vol.3 専門経営指導員が広域対応 高知

専門経営指導員が県内商工会議所の経営支援力を平準化

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、専門経営指導員の設置で、高成果を挙げている経営支援の好事例を紹介する。

高知商工会議所では、経営支援を通じて、地域の商工業の振興と地域社会の発展を目指すため、中小企業支援知識・経験値の高い経営指導員の一部を「専門経営指導員」として任命している。専門経営指導員3人のうち2人は中小企業診断士の資格を保有しており、高知県の小規模事業要綱により、高知商工会議所のみに設置されている。

専門経営指導員は市内に限らず、県内の他の商工会議所から要請があれば、相談対応を行っている。特に、ものづくり補助金や創業補助金など各種補助金申請の際の事業計画作成、経営革新、事業再生案件などについて、地元商工会議所の経営指導員による支援をブラッシュアップするためのサポートを実施。研修会やOJTなどにより、専門経営指導員の知識と経験、ノウハウを他の経営指導員に伝授し、地域全体の商工会議所の経営支援能力の底上げと経営指導員間の能力の平準化を図っている。

また、県内には、認定支援機関を今後申請する予定の商工会議所もあり、その地域で認定支援機関の支援を要する案件については同所の専門経営指導員が対応。地域振興の一助としている。 同所の平成26年度の巡回・窓口相談件数は6007件。この高い実績が地域貢献の証となっている。

次の記事

秩父商工会議所(埼玉県)では、今までの成功体験から脱却し「自ら経営革新にチャレンジする企業」の増加に努めている。がんばる企業を掘り起こし、中小企業診断士を含む経営指…

前の記事

今回の「挑む」では、事業者のニーズを的確に応え、成果を挙げている経営支援の好事例を紹介する。大曲商工会議所(秋田県)では平成25年度から、日常的に会議所を直接利用するこ…

関連記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、「地区担当制」を導入し、各地区に経営指導員を配置して…

岡山県下の12商工会議所は4月18~22日の一週間、岡山県商工会議所連合会が中心となって県下一斉に事業者巡回を実施した。同事業は平成24年度から、毎年春と秋の2回実施している…

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、経営改善サポーターの配置を確立している商工会議所を紹…