日商 Assist Biz

更新

新型コロナウイルス感染症対策 各地商工会議所の取り組み 先払いの商品券発行 休業店舗の資金繰り支援

未来チケットIZUMIのチラシ

和泉商工会議所(大阪府)と和泉市商店連合会は、緊急事態宣言からの休業要請により経営に打撃を受けた事業者を支援するプロジェクト「未来チケットIZUMI」を実施している。参加店の商品券を発行し、地域住民らが専用ウェブサイトで応援したい店の商品券を購入して営業再開時に店舗で使用するという仕組みだ。

4月下旬に参加者を募集、5月1日から販売を開始し、出だしは好調。購入された商品券の代金は、1週間ごとに各店に振り込まれる。チケットの制作や広報、販売・発送、代金の店舗への振り込み手数料などは同所が負担する。チケットの販売は6月30日まで、使用有効期限は10月31日(6カ月)。商品券の発行は地域の財務局長への届け出が必要だが、有効期限が6カ月以内は除外される規定を活用した。

同プロジェクトには、飲食、小売り、サービス、教室など市内の80店以上が参加。チケット価格は各店が設定し、500円、3万円など幅広い。「チケットを買うことでひいきの店の力になれる。将来、お店に行くことを楽しみに、買い物をしていただければ」と同所は力を入れる。

詳細は、https://kirakuza.thebase.in/を参照。

各地商工会議所の取り組みはこちら

次の記事

新潟県 新津商工会議所

新津商工会議所(新潟県)は5月7日、新潟市秋葉区内でテイクアウトに対応する飲食店などを紹介する常設ウェブサイト「NIITSUテイクアウトどっとこむ」を開設した。新型コロナウイ…

前の記事

北海道 函館商工会議所

函館商工会議所(北海道)は4月6日から、新型コロナウイルスによる難局を乗り切ろうと知恵を絞り頑張る個人事業主や中小企業を、函館のコミュニティラジオ「FMいるか」の番組内で…

関連記事

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)観光サービス業部会は、上越市内の飲食店に向けた新型コロナウイルス感染予防のための独自のガイドラインを策定し、5月29日に同所で記者会見を行った。…

福井県 大野商工会議所

大野商工会議所(福井県)と大野市は5月22日から6月18日まで、市内の運転代行事業者によるデリバリー(出前)のモデル事業「おうちdeliペイ」を実施した。新型コロナウイルス感染症…

熊本県 熊本商工会議所

熊本商工会議所は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と会員事業者の雇用の維持を目的に、会員事業者が製作したマスクを必要とする事業者へ無償配布する「会員応援マスクプロジ…