日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 菓子職人は天職だった 宮東 悠

大和商工会議所会頭 株式会社クドウ 取締役会長 宮東 悠 事業内容:洋菓子の製造・販売。県内外で4店を経営するほか、オンラインショップも運営している 趣味:オープンカー(ツーシーターのオールドカー)でドライブ、釣り(川でも海でも)、旅行、下手なゴルフ、月2回ぐらい家内と温泉に行くこと

大和市は神奈川県のほぼ中央に位置する人口約23万の都市です。私は、このまちで「欧風菓子クドウ」を開業し、経営してきました。高校卒業後、すぐに菓子職人の道に進みましたが、天職だったと思います。この仕事を選んだのは、小さなころに知ったバターやチーズの味わいなどが忘れられなかったからかもしれません。私の生家は宣教師や語学教師のための下宿屋を営んでおり、食生活や家具類も当時としては珍しい洋風。おやつも母が手づくりしてくれたアイスクリームやチョコレートなどでした。

最初の職場は、ドイツ人が経営するジャーマンベーカリー。仕事は忙しかったですが、将来はヨーロッパで勉強したかったので、夜間にドイツ語学校にも通いました。しばらくしてから、「ドイツに行かせてほしい」と社長に直訴したところ了承してくれました。夢にまで見た本場の菓子修業に旅立つことになったのです。

当時は1ドル360円、ヨーロッパでは、まだ日本の菓子職人は珍しい時代。日本を背負っている自覚とプライドを持って仕事に取り組みました。職人の世界では言葉も大切ですが、「仕事」がコミュニケーションの手段となります。最初は、「どんなやつなんだろう」と好奇の目で見られたようですが、仕事を通じて信頼を勝ち得ることができました。

4年間の修業を終えて帰国した後、総仕上げとして学んだ技術を生かして仕事に取り組みました。ここで自信をつけ、昭和47年に独立しました。最初のうちは苦戦しましたが、徐々に軌道に乗り、4年後には店を移転・拡張。さらに、東京・青山など3カ所に支店を出しました。そして、8年目には日本橋髙島屋から出店の申し出が来ました。鮮度の高い商品を提供するため、店内に製造工場を併設。営業を16年間続けました。

私の考える経営の基本は①人を大切にする②良い材料を厳選し、無駄にしない③期日通りに代金を支払う、というもの。クドウの菓子をつくる従業員には、自分を磨くため、一人一台の作業台を与えて各自に管理させています。彼らには、技術の習得だけでなく、経営も学んでほしいと願っています。また、クドウの菓子は材料を無駄にしないレシピに特徴があります。「モノ」も「カネ」も自分ではしゃべりませんが、人間が礼節を持って扱わなければならないと考えています。

次の記事

三重県 鳥羽商工会議所

三重県鳥羽市は真珠王と呼ばれる御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した地です。その幸吉が、日本の養殖真珠を世界に紹介し、民間外交の一端を担うために設立したのが、…

前の記事

岩手県 久慈商工会議所

岩手県久慈市は、昨年のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の影響で、知名度は完全に全国区になりました。今年の冬も多くの観光客が訪れました。4月後半からの本格的な観光シ…

関連記事

石川県 金沢商工会議所

毎年、東京の国立新美術館で開催される「日展」を楽しみに鑑賞しておられる方も多いと思いますが、その日展で、石川県が人口100万人当たりの入選者数80・2人で全国トップだとい…

広島県 広島商工会議所

当地の表記には多くのものがある。まずは「廣島」。これは旧漢字表記で、江戸時代の安芸国(あきのくに)「廣島藩」に始まり、その後「廣島縣」となり、1894年には「廣島大本営」…

東京都 多摩商工会議所

多摩市の北の玄関口「聖蹟(せいせき)桜ヶ丘」駅は、新宿駅から京王線で最速約25分。当市は都心からのアクセスに恵まれ、多摩丘陵の緑豊かな自然と充実した都市機能が融合した東…