日商 Assist Biz

更新

ビジネスを救うお助けご飯 ピリ辛ミートソースライス

ピリ辛ミートソースライス

脳に必要な栄養は?

年を重ねると、体の健康に加え、脳の健康も気になってきます。脳の機能を正常に保つ働きのあるビタミンB12は、加齢に伴い胃酸の分泌量が減少すると不足しやすくなります。ビタミンB12を多く含むのは、動物性食品です。海苔など一部の海藻類を除き、植物性食品には含まれません。

一方で、動物性のものばかりに偏った食事は、血管の老化を招きます。脳血管の硬化を促し、認知症のリスクを高めてしまうことになります。

「何事もバランスよく……」が一番です。しかし、「体のために」との気持ちから、かえって特定の食品に偏りがちな人も少なくありません。例えば、「家ではヘルシーに納豆と豆腐ばかり」という人もいます。反対に、「貝類を家で食べることはほとんどない」という人もいます。貝類はビタミンB12が豊富でありながら、脂質も少ないため、ぜひ意識して食卓に登場させていただきたい食品です。

まだまだ働き盛りで元気な世代の人は、メーンのおかずとしてお肉の割合が高い人も多いかもしれません。しかし、豆や豆製品など、植物性のタンパク質を料理に添えたり混ぜたりして、肥満を予防しつつ、脳の健康も守ってあげましょう。

ピリ辛ミートソースライス

暑い季節は長時間キッチンに立つのがおっくうに……。調理済みの豆やトマト缶を上手に使いましょう。

材料(4人分)

玉ねぎ…1個

ミートソース缶…1つ

トマト缶…1つ

ミックスビーンズ(加熱したもの)…1パック

アボカド…1個

【調味料】タバスコ、塩、コショウ…適量

チーズ…適量

ごはん…茶碗4杯分

つくり方

①フライパンにオリーブオイル小さじ2(分量外)を熱し、みじん切りにした玉ねぎを炒める

②玉ねぎが透き通ったら、ミートソース缶、トマト缶、ミックスビーンズを加え、水分がなくなるまで煮詰める

③調味料を加えて味を調える

④皿にごはんをよそい、その上に1㎝角に切ったアボカド、チーズを③と一緒にのせて出来上がり

ワンポイントメモ

ビタミンB12

水溶性なので、汁やスープと一緒に摂取できるレシピがおすすめです。また、魚や肉は光や空気に触れると酸化が進むので、保存の際にはきちんと密閉しましょう。

※月刊石垣2015年6月号に掲載された記事です。

次の記事

ビジネスを救うお助けご飯 モヤシとニラのナムル

笠井奈津子

温が30度を超える日が続くと、「以前よりも疲れやすくなった」「体を動かすのが大変に感じる」など、スタミナ不足を感じやすくなります。こうなっ...

前の記事

ビジネスを救うお助けご飯 かぼちゃのピリ辛煮

笠井奈津子

自宅でも出張先でもパソコンと向き合い、移動中にはスマホで情報収集。目がチカチカしたり、充血したり……。ドライアイになると、集中力も落ちてし...

関連記事

ビジネスを救うお助けご飯 しみじみおいしい高野豆腐の含め煮

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不...

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

笠井奈津子

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれ...

ビジネスを救うお助けご飯 余ったお餅でとろ~り鮭グラタン

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くす...