日商 Assist Biz

更新

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるメチオニン強化メニュー アサリと大豆のトマトガーリック蒸し

フライパンひとつでできるメチオニン強化メニュー アサリと大豆のトマトガーリック蒸し

イヤなことがあったときは食事で心のケアを

イヤなことがあったとき、「なにくそ!」と奮起できるうちは、まだ安心です。でも、自分を卑下したり、悲しい気持ちに浸ってしまったり……。本来持っている力でさえなかなか出せなくなってしまったら、きちんとセルフケアをしてあげなくてはいけません。

ヒスタミンという脳の神経伝達物質が優勢になりがちなときは、悲しい気持ちに支配されやすくなります。そんなときには、血中のヒスタミン濃度を下げる働きがあるメチオニンの力を借りましょう。メチオニンは、うつ病の症状を改善する効果もあり、治療薬としても使われることがあるアミノ酸の一種。セロトニンやドーパミンなど、前向きで活動的なホルモンをつくるときにも欠かせない物質です。

メチオニンは、大豆、レバー、しらす干し、マグロなどに多く含まれます。そして、その合成をサポートするビタミンB12は、レバーやアサリ、カキ、シジミなどに多く、植物性のものにはほとんど含まれないので、ベジタリアンの人や、過度な食事制限をしている人は注意が必要です。

何かイヤなことがあったとき、事態を謙虚に受け止めつつも、前進できるだけの気力と体力を維持しておくことは大事ですよね。

フライパンひとつでできるメチオニン強化メニュー
アサリと大豆のトマトガーリック蒸し

材料(つくりやすい分量)

アサリ…1パック

トマト…1個

大豆(水煮)…100g

にんにく(スライスしたもの)…1かけ

オリーブオイル…大さじ1

酒…大さじ2

塩・こしょう…適宜

つくり方

①砂抜きしたアサリは殻と殻をこすり合わせるように水洗いし、水気を切る

②トマトはヘタをとり、1.5cm角に切る

③フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、香りがたったらアサリ、トマト、大豆、酒を加え、フライパンに蓋をし、中火で3~4分蒸し焼きにする

④アサリの口が開いたら塩・こしょうで味を調え、器に盛る

ワンポイントアドバイス

朝 ごはん、納豆、みそ汁

昼 サラダランチ

夜 ごはん、ひじきと大豆の煮物、揚げ出し豆腐、みそ汁、青菜のごまあえ

ランチをうまく活用しましょう

活動量が多い日中は、消化しやすく太りにくい時間帯です。この食事例のように動物性のものを避けがちな人も、お昼には積極的に魚介類などを食べましょう。

※月刊石垣2014年7月号に掲載された記事です。

次の記事

ビジネスを救うお助けご飯 豚肉のバジル炒め

笠井奈津子

うだるように暑い夏。食欲がないから、と麺類やパンだけで済ませていませんか? そんな炭水化物主体の食生活をしていては、即、夏バテ予備軍の仲間...

前の記事

ビジネスを救うお助けご飯 かんぱちとおかひじきのコチュジャンあえ

笠井奈津子

頭痛、肩こり、腰痛などの症状は、動物性脂肪や糖分を多く取ることで血液の循環が悪くなり、疲労物質がたまることで起こります。毎日を快適に過ご...

関連記事

ビジネスを救うお助けご飯 しみじみおいしい高野豆腐の含め煮

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不...

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

笠井奈津子

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれ...

ビジネスを救うお助けご飯 余ったお餅でとろ~り鮭グラタン

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くす...