日商 Assist Biz

更新

ビジネスを救うお助けご飯 かんぱちとおかひじきのコチュジャンあえ

かんぱちとおかひじきのコチュジャンあえ

頭痛、肩こり、腰痛に悩んだときのオススメ簡単ごはん

頭痛、肩こり、腰痛などの症状は、動物性脂肪や糖分を多く取ることで血液の循環が悪くなり、疲労物質がたまることで起こります。毎日を快適に過ごすために、次のような食生活を送っていないか、ぜひチェックしてみてください。当てはまっている項目が多いほど、食事によって改善できる可能性が高まります。

①甘いもの、高脂肪のものを1日1回は食べている

②魚より肉を選びがち

③パンにはバターを塗って食べる

④定食よりも丼やサンドイッチなど単品食べが多い

どうしても食べてしまう場合は、血行をよくするビタミンEと、全身に酸素を運ぶ鉄の摂取を意識してみましょう。ビタミンEは、ごまやアーモンドなどの種実類、サケ、サバ、ウナギなどに多く含まれ、鉄は、貝類、枝豆、海藻類や大豆製品のほか、小松菜やおかひじきのような緑の濃いものに多いです。具だくさんのお味噌汁にして、毎日の定番にすると良いでしょう。

ちなみに、肉より魚にしよう!とお寿司ばかり食べるのは要注意です。酢飯には中性脂肪を増やす糖分と、体液の濃度を上げる塩分が大量に入っています。どちらも血行不良の原因となるものです。偏った食事は控えましょう。

かんぱちとおかひじきのコチュジャンあえ

材料(つくりやすい分量)

かんぱち(お好みの刺し身でOK)…1パック

おかひじき…1パック

[A]

コチュジャン、ごま油、しょうゆ…各大さじ1/2

つくり方

①沸騰した湯でおかひじきをサッとゆで、冷水にとって水気を切る

②根本の硬い部分をのぞき、食べやすい長さに切ってかんぱちと合わせ、Aであえて出来上がり

ワンポイントアドバイス

朝 トースト、バター、ヨーグルト、オレンジジュース

昼 お弁当(仕出し)

夜 会食

いつもの食事を見直してみましょう

糖分の多いジュースはフレッシュな果物にして、バターの代わりにビタミンEを多く含むオリーブオイルなどを用いると良いでしょう。朝食のようにパターン化されている食事こそ、より良いものに変えていきましょう。

※月刊石垣2014年6月号に掲載された記事です。

次の記事

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるメチオニン強化メニュー アサリと大豆のトマトガーリック蒸し

笠井奈津子

イヤなことがあったとき、「なにくそ!」と奮起できるうちは、まだ安心です。でも、自分を卑下したり、悲しい気持ちに浸ってしまったり……。本来持...

前の記事

ビジネスを救うお助けご飯 菜の花とタコのぬた

笠井奈津子

体が重くて前日の疲れをひきずっている……。そんな日は、無意識に省エネモードになりがちです。気持ちよく仕事に取り組むために、遅い時間帯のごは...

関連記事

ビジネスを救うお助けご飯 しみじみおいしい高野豆腐の含め煮

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不...

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

笠井奈津子

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれ...

ビジネスを救うお助けご飯 余ったお餅でとろ~り鮭グラタン

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くす...