日商 Assist Biz

更新

テーマ別誌上セミナー 新型コロナウイルスに打ち克つ! 今こそピンチをチャンスに変える 経営者が取り組むべき「8つ」の行動

事例3 日ごろのつながりが実った一枚のチラシ

尾山台おもちかえりMAP(東京・世田谷区)

地元のデザイナー、鈴木友唯さんの協力で完成したマップの第3弾。鈴木さんは「自分の住むまちを素敵な場所にすることに自分も関わりたい」と協力の理由を語る

「拙速は巧遅に勝る」とは孫子の「兵法」。東京・世田谷区の商店街「ハッピーロード尾山台」の振興組合理事であり、3代にわたって続く「タカノ洋品店」の高野雄太さんが起こした行動がまさにそれだった。

他地域での飲食店テイクアウト紹介の取り組みを知った高野さんは個人として、生活者・地域・事業者の三方よしの活性化事業「まちゼミ」に共に取り組む飲食店に声をかけ、「尾山台おもちかえりMAP」を作成。インターネットが苦手なお年寄りにも利用してもらえるようにチラシにした。自腹で印刷するところから始まった9店舗のマップは評判を呼び、現在の第3弾では23店舗を掲載。今では無償で印刷してくれる事業者も現れ、利用されている。

「まちの魅力をもっと知ってもらいたかった。行動が実ったのも、日ごろのつながりのおかげです」という高野さんは、他にもさまざま活動でまちのつながりを演出している。

次の記事

テーマ別誌上セミナー 社員の幸せを追及すれば業績は上がる "幸福経営"という働き方改革

前野隆司

コロナ禍によって、日本の働き方改革が一気に進み出した。しかし、テレワークを導入するだけでは、会社の業績は上がらない。“ウィズコロナ、アフタ...

前の記事

テーマ別誌上セミナー 創刊40周年記念特集 激動の日本経済40年を振り返り、10年先を読む 進化する中小企業

真壁昭夫/崔真淑/原田曜平/河合雅司

今号で本誌は創刊40周年を迎える。本誌が創刊した1980(昭和55)年から今日まで日本経済を支える中小企業が歩んできた道のりは決して平坦ではなか...

関連記事

テーマ別誌上セミナー 中小企業にチャンスとなるか? そこが知りたい“脱炭素”

竹内純子

菅義偉総理大臣は2020年10月に行った所信表明演説において、「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち50年カーボンニ...

テーマ別誌上セミナー 日米関係、米中貿易戦争……世界はどう動く? バイデン大統領誕生で世界はどうなる

吉崎達彦

今年1月に米国で誕生したバイデン新大統領には、外交や経済など数多くの難問が待ち受けている。米国の今後の政策はどうなるのか。双日総合研究所チ...

テーマ別誌上セミナー コロナ禍で激増!理不尽なクレームへの対応法 カスタマー・ハラスメントを跳ね返す

山田泰造

最近は顧客が従業員に対して威圧的な言動や、理不尽な要求を突きつける「カスタマー・ハラスメント」が増えてきた。ついには国が動き、2020年10月1...