日商 Assist Biz

更新

新型コロナウイルス感染症対策 各地商工会議所の取り組み フェースシールド製造 市へ3000個を寄贈

試作品を確認する松田医療・福祉部会長

倉敷商工会議所(岡山県)と同所副会頭企業の三菱自動車水島製作所は新型コロナウイルス対策の一助にと医療用フェースシールドを開発・生産し、5月20日、3000個を倉敷市に寄贈した。市は医療機関や福祉施設、保健所などに配布する。

フェースシールドは顔面を覆って飛沫(ひまつ)感染を防ぐ透明なプラスチック製の防護具で、現在全国的に需要が高まり不足していることから、同製作所副所長である近藤敏雄副会頭が同所へ製造を提案。同じく副会頭企業の丸五ゴム工業(自動車部品製造)、クラブン(事務用品販売)、カモ井加工紙(粘着テープ製造)の3社が協力して製造した。

開発に当たっては医療・介護など126事業者が所属する同所医療・福祉部会が協力。4月に近藤副会頭、松田忠和同部会長(松田病院理事長・院長)を中心に全副会頭、三菱自動車工業の開発者、医療従事者を交えて生産に向けた意見交換、試作検討を重ね、5月12日から休業中の水島製作所の自動車生産ラインで量産を始めた。

現在、1日500個を製造。受注状況に応じて増産も検討する。市への寄贈と同時に岡山県、総社市などへも4300個を寄贈。今月2日には医療・福祉部会へ1100個を寄贈した。

詳細はこちら

次の記事

熊本県 熊本商工会議所

熊本商工会議所は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と会員事業者の雇用の維持を目的に、会員事業者が製作したマスクを必要とする事業者へ無償配布する「会員応援マスクプロジ…

前の記事

新潟県 長岡商工会議所

長岡商工会議所(新潟県)は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続く中、新たなアイデアによる売り上げ確保、事業継続、「新しい生活様式」の実践に取り組む長岡市内の事業者…

関連記事

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)観光サービス業部会は、上越市内の飲食店に向けた新型コロナウイルス感染予防のための独自のガイドラインを策定し、5月29日に同所で記者会見を行った。…

福井県 大野商工会議所

大野商工会議所(福井県)と大野市は5月22日から6月18日まで、市内の運転代行事業者によるデリバリー(出前)のモデル事業「おうちdeliペイ」を実施した。新型コロナウイルス感染症…

長崎県 平戸商工会議所青年部

平戸商工会議所青年部(長崎県、平戸YEG)は、会員事業者の商品などを詰め合わせた福袋「普来袋(ふくぶくろ)」を1口5000円で販売する「♯笑顔プロジェクト」を実施し、5月31日、平…