日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 水産加工業の復興図る 展示商談会に5600人

吉野正芳復興大臣(右)も視察に訪れた

東北六県商工会議所連合会と水産加工業団体などで構成する復興水産加工業販路回復促進センターは6月12、13日の2日間、仙台国際センターで、今回で4回目となる「東北復興水産加工品展示商談会2018」を開催した。同展示商談会は、東日本大震災により販路を喪失した被災地沿岸部の水産加工業への復興支援の一環として販路開拓・情報発信を図るもので、〝仕事につながる展示商談会〟として、2日間で5600人が来場した。

今回は、過去最多となる青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の水産加工業者133社が出展。展示ブースでは各社が自慢の商品を披露し、バイヤーらに積極的にアピールした。個別商談会会場では、国内外の有力バイヤーが招かれ、専門家の指導の下でより具体的な商談が行われた。今回招聘(しょうへい)したバイヤー数は過去最多となる71社(国内企業)。2日間で582商談が行われ、そのうち当日成約が92件、商談継続が413件となった。

会場の入り口ではテーマ別の商品展示を行ったり、出展地域の漁港施設や水産物ブランド化への取り組みなどのパネル展示を実施したりと会場づくりにも工夫。販路回復アドバイザーによる相談コーナーが設けられたほか、新商品開発に関する講演や、海外への販路拡大をテーマにしたバイヤー・専門家によるパネルディスカッション、水産エコラベル認証取得のための講習会なども行われた。

展示商談会の事務局を務めた仙台商工会議所は、「大変好評で、年を追うごとに規模は拡大している。まだ販路回復が進んでいない事業者もあるが、この催しが少しでも事業者の仕事につながり、水産加工業界全体の復興につながることを期待したい」と話している。

次の記事

福岡県 福岡商工会議所

福岡商工会議所は6月13日、福岡貿易会、福岡アジアビジネスセンター、日本貿易振興機構福岡貿易情報センター(ジェトロ福岡)、中小企業基盤整備機構九州本部(中小機構九州)の4団…

前の記事

北海道 稚内商工会議所

稚内商工会議所(北海道)と稚内市の行政・金融・報道・教育機関、経済団体など15社・団体は1日、若者の地元就職やU・Iターン増加を目指す「稚内で働こう応援会議」を設立した。…

関連記事

埼玉県 川越商工会議所

川越商工会議所(埼玉県)は、飲食店の新型コロナウイルス感染症対策などが一目で分かるピクトグラムステッカーを作成し、川越市内の事業所に配布した。店の入り口などに貼ること…

三重県 尾鷲商工会議所

尾鷲商工会議所(三重県)などは、海ぶどうを尾鷲市の新たな特産品とすべく、同市の県水産研究所で栽培実験に取り組んでいる。本事業は、中部電力尾鷲三田火力発電所の跡地を活用…

愛知県 犬山商工会議所

犬山商工会議所(愛知県)は7月31日、犬山地域に残る桃太郎伝説を観光資源として再活用するための策を練る「犬山地域桃太郎伝説に基づく地域ストーリー策定・検証事業推進委員会…