セレクト地域短信 水産加工業の復興図る 展示商談会に5600人

吉野正芳復興大臣(右)も視察に訪れた

東北六県商工会議所連合会と水産加工業団体などで構成する復興水産加工業販路回復促進センターは6月12、13日の2日間、仙台国際センターで、今回で4回目となる「東北復興水産加工品展示商談会2018」を開催した。同展示商談会は、東日本大震災により販路を喪失した被災地沿岸部の水産加工業への復興支援の一環として販路開拓・情報発信を図るもので、〝仕事につながる展示商談会〟として、2日間で5600人が来場した。

今回は、過去最多となる青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の水産加工業者133社が出展。展示ブースでは各社が自慢の商品を披露し、バイヤーらに積極的にアピールした。個別商談会会場では、国内外の有力バイヤーが招かれ、専門家の指導の下でより具体的な商談が行われた。今回招聘(しょうへい)したバイヤー数は過去最多となる71社(国内企業)。2日間で582商談が行われ、そのうち当日成約が92件、商談継続が413件となった。

会場の入り口ではテーマ別の商品展示を行ったり、出展地域の漁港施設や水産物ブランド化への取り組みなどのパネル展示を実施したりと会場づくりにも工夫。販路回復アドバイザーによる相談コーナーが設けられたほか、新商品開発に関する講演や、海外への販路拡大をテーマにしたバイヤー・専門家によるパネルディスカッション、水産エコラベル認証取得のための講習会なども行われた。

展示商談会の事務局を務めた仙台商工会議所は、「大変好評で、年を追うごとに規模は拡大している。まだ販路回復が進んでいない事業者もあるが、この催しが少しでも事業者の仕事につながり、水産加工業界全体の復興につながることを期待したい」と話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 海外展開の相談窓口開設 5団体が連携して支援

福岡県 福岡商工会議所

福岡商工会議所は6月13日、福岡貿易会、福岡アジアビジネスセンター、日本貿易振興機構福岡貿易情報センター(ジェトロ福岡)、中小企業基盤整備機構...

前の記事

セレクト地域短信 若者の流出に歯止めを まちを挙げ地元就職応援

北海道 稚内商工会議所

稚内商工会議所(北海道)と稚内市の行政・金融・報道・教育機関、経済団体など15社・団体は1日、若者の地元就職やU・Iターン増加を目指す「稚内で働...

関連記事

セレクト地域短信 初のオンライン商談会 DX推進へ30社出展

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会

佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県産業スマート化センターなどはこのほど、生産性向上とDX推進につ...

セレクト地域短信 4金融機関と協定締結 企業の海外販売を支援

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月26日、地元の4金融機関(福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、福井信用金庫)と共に「CROSS BORDER SABAE(CBS)地域金...

セレクト地域短信 タウン情報誌「城陽日和」を発行

京都府 城陽商工会議所

城陽商工会議所(京都府)はこのほど、タウン情報誌「城陽日和」(2021年秋特別号)を発行した。同冊子は、城陽市の商業を活性化させるため毎年春...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする