日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 眼鏡産業を消費者にPR 新プロジェクト始動

プロジェクトを発表する黒田一郎鯖江商工会議所会頭(左から2人目)、黒崎輝男氏(同3人目)ら

鯖江商工会議所(福井県)は6月22日、福井県眼鏡協会や慶應義塾大学大学院、鯖江市などと連携し、「めがね産地『0↓1(ゼロ・トゥ・ワン)』プロジェクト」を立ち上げたと発表した。地域の基幹産業である眼鏡製造業の底上げを目的としたもので、国内外のクリエーティブ産業をけん引してきたデザイナー・黒崎輝男氏を総合プロデューサーに迎え、「デザインシンキング」の考え方を取り入れた商品開発に取り組む。

鯖江市は眼鏡フレームの一大生産地として知られているが、多くは有名ブランドの製造を請け負うOEM(相手先ブランド名製造)だ。同プロジェクトは、鯖江独自の眼鏡を開発し、産地の魅力を直接消費者に向けて発信することで、ファンをつくり、産業の活性化を図ろうというもの。市内の眼鏡会社30社以上が参加し、消費者に響く商品開発に挑む。

商品開発においては、消費者視点でモノやサービスを考えるデザインシンキングの考え方を取り入れ、「設計」および「意匠」に重点を置く。「設計」に重点を置く商品開発は、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科がサポート。参加企業はセミナーやワークショップを通して消費者ニーズの取得方法から分析・活用、ストーリーテリングなどを学び、その後個別面談により課題を解決しながら商品づくりを行っていく。

参加企業の中から数社はさらに同所経営指導員も交えた伴走型の支援を行い商品のブラッシュアップを図る。

一方、「意匠」を重点とする商品開発は、黒崎氏のネットワークを生かし、国内外のデザイナーと参加企業との協業によって行われる。

11月30日~12月2日には東京・青山で展示販売会を実施し、開発商品を消費者にアピールする予定だ。「鯖江がかっこいいと思われるようなムーブメントを起こしたい」(黒崎氏)との言葉の下、産学官が連携し、プロジェクトの成功を目指す。

次の記事

宮城県 気仙沼商工会議所

気仙沼商工会議所(宮城県)は、気仙沼市、気仙沼信用金庫と共に気仙沼まち大学運営協議会を設立し、まちづくりを担う人材の育成を目指す「気仙沼まち大学」事業を推進している。…

前の記事

福岡県 北九州商工会議所

北九州商工会議所(福岡県)と北九州市、北九州市観光コンベンション協会の3者が運営する「北九州産業観光センター」は、産業観光の一環として、船で工場夜景を楽しむ「夜景観賞…

関連記事

埼玉県 川越商工会議所

川越商工会議所(埼玉県)は、飲食店の新型コロナウイルス感染症対策などが一目で分かるピクトグラムステッカーを作成し、川越市内の事業所に配布した。店の入り口などに貼ること…

三重県 尾鷲商工会議所

尾鷲商工会議所(三重県)などは、海ぶどうを尾鷲市の新たな特産品とすべく、同市の県水産研究所で栽培実験に取り組んでいる。本事業は、中部電力尾鷲三田火力発電所の跡地を活用…

愛知県 犬山商工会議所

犬山商工会議所(愛知県)は7月31日、犬山地域に残る桃太郎伝説を観光資源として再活用するための策を練る「犬山地域桃太郎伝説に基づく地域ストーリー策定・検証事業推進委員会…