日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 まち全体を〝大学〟に リーダー育成し復興へ

気仙沼まち大学運営協議会のしくみ

気仙沼商工会議所(宮城県)は、気仙沼市、気仙沼信用金庫と共に気仙沼まち大学運営協議会を設立し、まちづくりを担う人材の育成を目指す「気仙沼まち大学」事業を推進している。「まち大学」とは、まち全体を大学のように、学びや議論の場にしたいとの思いで名付けられたもの。

同市は東日本大震災による人口減少、基幹産業である漁業の衰退などから、まちの活力を取り戻すことが課題だが、震災以降、市民と市外から転入したボランティア、NPOなどアイデアと行動力を持つ〝よそ者〟との連携により水産業から観光まで多様な新事業が生まれつつある。同協議会はこうした流れを加速し、個々の活動を結び付けてより活性化させる仕組みをつくろうと2016年に発足。事務局には移住者やNPO団体職員らも集まり、ローカルベンチャーの創出支援、オープンオフィス「□ship(スクエアシップ)」の運営などを行っている。

気仙沼市ではこれまでに経営者の育成を図る「経営人材育成塾」や「アクティブ・ウーマンズ・カレッジ」、若手が先輩経営者の話を聞く「ぬま塾」、高校生が地域活性化を提案する「気仙沼の高校生マイプロジェクトアワード」などさまざまな取り組みを実施。講座の〝卒業生〟からは起業する人も現れた。同所は「個々の活動をつなげば大きな復興の力になる。 その仕組みづくりや機運醸成を支援していく」と話している。

次の記事

長崎県 佐世保商工会議所

佐世保商工会議所(長崎県)は、2015年度から17年度にかけて「移住促進ビジネスプランコンテスト」を開催、17年度はIT、美容、菓子製造の3人が受賞した。同コンテストは創業支援…

前の記事

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は6月22日、福井県眼鏡協会や慶應義塾大学大学院、鯖江市などと連携し、「めがね産地『0↓1(ゼロ・トゥ・ワン)』プロジェクト」を立ち上げたと発表した。…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…