日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート チェルシーよりもマインツで サッカー武藤嘉紀選手の選択

写真提供:産経新聞

プロのスポーツ選手が、自身の移籍先を決める。どこのチームやクラブを選ぼうが、それは優秀な選手の極めて恵まれた選択であることは間違いない。しかし、契約金の有る無しや、年俸のスケールこそ違えども、その選択をどんな価値観で、何を最優先するかは、一般の人々にとっても、同じことなのだと思う。

FC東京からドイツ・ブンデスリーガ、マインツへの移籍を決断したサッカー日本代表・武藤嘉紀の選択が注目を浴びた。武藤選手をめぐっては、この春から欧州のビッグクラブが次々と名乗りを上げて、獲得合戦を繰り広げてきた。中でもイギリス・プレミアリーグの雄、チェルシーが早々と獲得の意思を表明したのは、日本でも驚きを持って報道されていた。

チェルシーといえば、プレミアリーグだけでなく、世界のサッカークラブの中でも、五指に入るビッグクラブだからだ。監督は、かつてレアル・マドリードを率いたジョゼ・モウリーニョ氏。驚くことに彼の年俸だけでも1000万ポンドと言われている。1ポンド190円換算で19億円だ。選手も各国の代表で溢れている。日本でもおなじみのエデン・アザール(ベルギー)やセスク・ファブレガス(スペイン)……。しかし、そんな誰もが憧れるビッグクラブであるチェルシーからの誘いを断り、武藤選手は、マインツを選んだ。

彼は言った。「最初から高望みして自分の実力に合っていないチームに行くより、現実的な方がいい」。

そしてもう一つの理由は、両チームの監督の違いだった。

「(マインツのマルティン・シュミット)監督が欲しいと言ってくれた。自分自身を欲しいと言って呼んでくれたから(マインツに決めた)」

一方、モウリーニョ監督はメディアに武藤の存在を聞かれ、「実際には見たことがない」と答えていた。選手からすれば厳しい発言だが、それが紛れもない武藤選手の評価と言えるのかもしれない。そして彼は賢明なことにマインツを選んだ。

こうした選択を大企業と地元の中小企業に置き換えるのは、あまりにも乱暴だ。武藤選手のマインツでの年俸は4億円と言われている。一般の人からすると夢のような話だが、金額がいくらであっても間違ってはいけないことがある。それは選手でも社員でも、幸せなことは望まれて飛び込んでいくことだろう。

青島 健太 スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている。

次の記事

平野美宇 伊藤美誠

卓球界「期待の星」といえば、誰もがこの二人の名を挙げるだろう。平野美宇選手(写真左)と伊藤美誠選手(同右)。ともに中学生、14歳だ。彼女たちがすごいのは、期待の星どこ…

前の記事

高木勇人

日本生命セ・パ交流戦の開催記者会見でのことだ。壇上に12球団(各1人)の選手が揃い、私が進行役で対戦したい選手や交流戦に向けての抱負を聞いた。最後には記者からの質疑応…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…