日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート 青木選手に見習いたい 自分をアピールする姿勢

WBCに出場する侍ジャパンメンバーに選出された青木宣親選手 写真提供:産經新聞

3月に幕を開ける第4回WBC(※)。前回こそ優勝を逃したが、第1回、第2回と連覇している日本だけに今回も優勝が期待される。しかし、侍ジャパンの評価は、思いのほか低く「史上最弱」との声もある。原因は、メジャーリーグでプレーする日本人選手がほとんど参加していないからだ。パワー不足という点では的を射た指摘だが、それだけが勝つための条件ではない。日本が得意とする「スモールベースボール」は、協調と堅実を武器にする戦法で、豪快な長打や剛速球を投げることだけに頼る野球ではないからだ。

そんな中で注目すべき選手を挙げるとすれば、今シーズンからヒューストンでプレーする青木宣親だろう。米国で6年目のシーズンを迎える青木は、侍ジャパンにとって数少ないメジャーリーガーだ。彼の経験がチームに自信と戦いに有効な情報をもたらすことは間違いない。35歳になる青木だが、走攻守どれをとってもまだ衰えを知らない。小久保裕紀監督も、彼の攻撃的なプレースタイルがチームに浸透することを願っているはずだ。

青木の積極性は、ヤクルト時代のこんなエピソードにもよく表れている。早稲田大学から入団した青木だが、ルーキーシーズンの2004年は、1軍での出場が10試合しかなかった。2軍では3割7分2厘を打ち首位打者も獲得していた。プロのスピードにも慣れてきた。もっと1軍でプレーしたい。青木は当時の若松勉監督に年賀状を出す。そこには臆することなくこう書いた。

「もっと僕を使ってください。必ず期待に応えられるように頑張ります」

技術的な手応えや自分自身に自信がなければ書けない「訴え」かもしれないが、そうやって自分をアピールすることは、野球に限らずどんな仕事でも大切な姿勢といえるだろう。自分を使ってほしいと言い出すことは勇気のいることだ。ただそれを口にすることで、その仕事に対する覚悟や決心ができることも確かだ。ミルウォーキー、カンザスシティー、サンフランシスコ、シアトル、そしてヒューストンと目まぐるしくチームを移りながらも彼が活躍を続けられるのは、そうした積極性があればこそのことだろう。

その姿勢は打席に入っても出る。1球目から果敢に打っていく。一発勝負の国際試合では、その攻撃性が何よりも大事な武器なのだ。

※ワールド・ベースボール・クラシックの略称。2006年3月に第1回、その後4年ごとに開催されている。

青島 健太 スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている。

次の記事

高梨沙羅

スキージャンプ女子の高梨沙羅選手がW杯通算50勝目を達成したのは、1月29日、ルーマニアのルシュノブで行われた個人第12戦だった。2本5目にはこの日の最長不倒97・5mを飛んで…

前の記事

佐野 クリケット

新しいものができることは何であれ楽しい。2020年に向かってそうした機運はますます高まっていくはずだ。ただ何でも新しいものが最善かといえばそうではない。今ある施設や使わ…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…