日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート 引退する稲葉選手から次代を担う若手に渡されたバトン

写真提供:産経新聞

パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第5戦でほほ笑ましいシーンがあった。

今シーズン限りでの引退を表明した北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀選手に若手のホープ中島卓也選手とクリーンアップを打つ陽岱鋼選手が、試合中にもかかわらずバットを持って稲葉選手の周りに集まってきたのだ。何をするかと見ていれば、稲葉選手の持つバットに、中島、陽の両選手が自分のバットをこすり付けているのだ。

この直前、代打で打席に立った稲葉選手は、センター前に快心のヒットを放ちチームのムードを一気に盛り上げていた。その稲葉選手のバットに自分のバットをこすり付ける。二人は、稲葉選手の「運」をもらおうとしていたのだ。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

岩崎恭子

大阪府松原市で行われたシンポジウムで、あの岩崎恭子さんとご一緒した。1992年バルセロナ五輪、競泳女子200M平泳ぎ。史上最年少、わずか14歳で金メダルに輝いた岩崎さんは、レ…

前の記事

錦織圭

テニスの四大大会である先の全米オープンで、錦織圭選手は優勝こそ逃したものの、抜群のスタミナと集中力で世界中に旋風を吹かせた。錦織選手躍進の秘密にはメンタルの強さがあ…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…