日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート かわいい子には旅をさせよ 錦織選手の強さの秘密

写真提供:朝日新聞社

テニスの四大大会である先の全米オープンで、錦織圭選手は優勝こそ逃したものの、抜群のスタミナと集中力で世界中に旋風を吹かせた。

錦織選手躍進の秘密にはメンタルの強さがあるということを忘れてはならない。4回戦でラオニッチ選手(世界ランキング6位)を倒した後には「勝てない相手はもういないと思うので、できるだけ上を向いてやりたい」と言った。その言葉どおりワウリンカ選手(同4位)、ジョコビッチ選手(同1位)も撃破している。

このコメントは、聞きようによってはかなりの自信家の「それ」に思われるが真意は逆だ。13歳から単身アメリカに渡り、テニスの厳しさを嫌というほど味わってきた彼は、軽々に楽天的なことを口にしない。たくさんの敗戦を経て、その中で感じてきたトップ選手たちとの差をやっと克服できそうになってきた実感を素直に発言しているのだ。

こうした強いメンタルの習得には、去年からコンビを組むマイケル・チャンコーチの存在もあると語られている。錦織選手と同じアジア系でありながら弱冠17歳で全仏オープンを制したチャンコーチの指導は、世界のトップを目指す錦織選手にとって、あらゆる意味で説得力を持つものだろう。それが彼の自信を支える大きな力になっていることは間違いない。「俺ができるのだから、圭にできないはずがない」という論理が、先の錦織選手のコメントにも表れている。

錦織選手の活躍に刺激を受けた人はたくさんいるだろうが、技術的なことは、彼に任せるしかない。では、われわれが参考にすべきことは何か?

私は、錦織圭という素晴らしい選手を生み出した背景や環境を考えたときに、やはり若くしてアメリカに渡り、テニスと一緒に英語を身に付けたことが彼の強さの根幹にあると思う。チャンコーチとの英語でのコミュニケーションも、その出会いをより効果的にしているはずだ。

短期であれ長期であれ、海外での経験は大きな財産になる。それが若いころの苦労であれば、より一層その後の仕事に生かせるものがあるはずだ。語学が身に付けば、その世界は大きく広がる。「かわいい子には旅をさせよ」には、確かに先人の知恵と教えがある。若くはない私が短期間であれウィンブルドンに出向く理由もそこにある。現地の空気感が大きな刺激になるからだ。

青島 健太 スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている。

次の記事

稲葉篤紀

今シーズン限りでの引退を表明した北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀選手に若手のホープ中島卓也選手とクリーンアップを打つ陽岱鋼選手が、試合中にもかかわらずバットを持…

前の記事

木村沙織

女子バレーボールの日本代表が、革命的な戦術に取り組んでいる。その名も「ハイブリッド6」だ。それぞれタイプの異なるものを混成するという意味を持つハイブリッド。「ハイブ…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…