日商 Assist Biz

更新

江連忠の「アプローチで差がつく」12 のポイント Lesson 1 究極のアプローチレッスン「片手打ち」

片手打ちはアプローチ上達に最も効率のいい練習法。最初はキャリー10ヤードから始めて、徐々に距離を延ばすとよい。また、右手も左手も必ず足でリズムを取りながら打つこと。安定した動きが身に付けば、ダフリもトップも出なくなる

前号までの連載で、パットの極意をお伝えしてきました。アプローチショットがうまくいけば、ゴルフの中でも難しいパッティングも容易になります。この連載では、12回にわたって「アプローチショット」について、ご紹介していきます。

まず、基本について説明しておきます。基本のアプローチショットとは、距離にして30~40ヤードぐらいまで。腕の振り幅が両腰より高くならないスイングです。狙いは直接カップに沈める、あるいは、確実にOKの取れる位置に寄せることです。アマチュアゴルファーの中には、アプローチはボールを飛ばす必要がないし、動きが小さいので、体を使わず手や腕の力だけで打てばいいと思っている人がいますが、大きな間違いです。動きが小さいからこそ遠心力が生まれず、ヘッドの動きを安定させることが難しくなります。だから手先ではなく、大きな筋肉を使って、全身のエネルギーで打つ必要があるのです。そのための究極のドリルが「片手打ち」です。

右手1本で打ってみると、手の力だけではヘッドが安定せず、ダフリやトップが出やすいことが分かります。そこで左手で右脇を軽く締め、手を振らずに体の動きでヘッドを動かすことを覚えてください。腹筋や背筋など、大きな筋肉を使えば打点が安定していくはずです。左手1本の練習も基本的に同じですが、よりフェースの向きを意識して、左手が弾道の高さや方向性を管理しているということを学んでください。

また、足でリズムを取り、腹筋、背筋を使って打ってください。特に右手1本を多く練習して、右脇の締まった安定した動きを身に付けること。左右の手で安定して打てるようになったら、アプローチでのミスは必ず減ります。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

「最近、ザックリ(*1)が多くてアプローチが怖いんです」との相談を受けました。アプローチショットでボールの手前をダフると、グリーンにうまく乗せられず、スコアを崩してし…

関連記事

江連忠

ただでさえバンカーショットを苦手にする人が多いのに、砂にボールが半分ほど沈んでいて、おまけに周囲の砂が盛り上がっていると、さらに厄介です。その状態を「目玉」といいま…

江連忠

前号で、バンカーショットは易しいショットであり、ウェッジのバウンス(※)を上手く使うことがポイントだという説明をしました。つまり、バンカーショットを苦手にしている人は…

江連忠

バンカーショットは、最も易しいショットです。私がそう言うと、ほとんどの人が驚きます。そんな人には次のように説明しています。まず、バンカーショットはボール手前の砂を打…