日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「パットで差をつける」12 のポイント Lesson 12 「お先にパット」を100%外さない方法

ラインに正対して手前に引けば、「お先にパット」はほとんど外れない

1年間12回にわたった「パットで差をつける」編は、今回で最終回です。そこで、レッスンの仕上げに、「お先にパット」を外さないコツをお教えします。

「お先にパット」が外れる人の多くは、ラインに対してフェースをスクェアに合わせられていない場合が多いのです。短いパットのときは、ラインに正対して手前に引くように打ってみてください。これだけでほとんど外れないはずです。ラインに正対して構えると、フェースをスクェアに合わせやすいのです。そうして、手前に引くように打つとラインを出しやすくなります。つまり、狙った方向にフェース面を真っすぐ出しやすくなります。

では、なぜそうなるのでしょうか。それは、パターを持った手がパターの重心より先行しているからです。もう少し分かりやすく説明すると、鉛筆で文字を書くときも、箒(ほうき)で地面を掃くときも、手は道具の重心より先行しているはずです。これは、手元が先行した方が道具を真っすぐ思い通りに動かしやすいからです。逆だと真っすぐな線は描けないし、思い通りに地面も掃けないはずです。同様に手前にパターを引くように打つと、自然に道具よりも手元が先行して、ヘッドを真っすぐ動かしやすくなり、短いパットが確実に入るというわけです。

この打ち方には、よいパッティングをするための重要なヒントが詰まっています。まずパッティングは、ラインに対してフェースをスクェアに合わせることが大切です。普段からパターマットなどにラインと直角になる線を描き、それにフェースを合わせる練習をしてください。また、ラインを出すためには手元が先行することが重要なので、右のイラストを参考に、ヘッドよりも手元が少し先行した構えをつくることです。そして、あせらず落ち着いて打つ! これであなたもパター名人の免許皆伝です。

※来月からは、「ココで差がつく!アプローチ」編が始まります。OKの距離まで寄せるコツをお教えします。乞うご期待。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

前号までの連載で、パットの極意をお伝えしてきました。アプローチショットがうまくいけば、ゴルフの中でも難しいパッティングも容易になります。この連載では、12回にわたって…

前の記事

江連忠

パッティングで芯を外さずに打つことの大切さは、繰り返しこの連載でも述べてきました。芯を外さずに打つためには、レッスン2(2015年8月号)で紹介した、パターのスウィートス…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…