日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「アプローチで差がつく」12 のポイント Lesson 7 ピン一直線のラインが出る「クラブ脇挟み」練習

両脇に挟んだクラブが落ちないようにすることで手打ちも直る。インパクトで手首を折ったりせずに、足と腹筋、背筋を使って打つ。このとき、体の左側にはみ出したシャフトが打った後に、前から見ている人に見えない場合は、肩が開きすぎている証拠

指導するプロゴルファーたちには、「アプローチはピンの根元、カップが見えている状況なら、全て入れるつもりで狙っていけ」と教えています。その結果、アプローチが上手なプロゴルファーなら、2ラウンドに1回はチップイン(※1)します。ところが、アプローチが苦手なアマチュアゴルファーになると、チップインを狙うどころか、ワンピン(※2)の距離にすら寄りません。たまにチップインがあったとしても、まぐれのようなものではないでしょうか。こうしたところが、アマチュアとプロとの大きな差だと思います。

チップインするための絶対条件は、ラインが出ることです。「ラインが出る」というのは、ターゲットに対して、ボールが思うようなライン(線)を描いて進んでいることを言います。つまり、正しい方向性を見極めて、そのイメージ通りのショットを打てるということです。 アマチュアゴルファーのミスの多くは、引っ掛けです。アドレス(立ち方)が悪い、クラブの構造上ウェッジは引っ掛けやすいなどの原因がありますが、何よりもダウンスイングで肩の開きが早いというのが大きな理由です。

では、そうしたことを防ぐにはどうしたらいいでしょう。そこでお教えしたいのが、「クラブ脇挟み」の練習です。クラブを1本、両脇に挟んで打ってみてください。このとき、体の左側にはみ出したシャフトが打った後に、前から見ている人の視界から消えてしまうようでは、肩が開きすぎだという証拠です。シャフトを縦方向に動かすようにすると、肩は開かずにボールは一直線にカップに向かっていくはずです。後ろに立っている人から見た場合、挟んだクラブの左側のシャフトが見えたら、失格ショットだと思ってください。

※1 グリーン外からアプローチしたボールが直接カップインすること ※2 カップに刺してある旗竿のことをピンといい、その長さ(一般的には2.4m)の距離のこと

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

ピンがグリーンの手前に切ってあると、ロブショット(※1)でピタリとボールを止めたくなります。スコアが100前後の人は、どうしてもピンを直接狙っていきやすいので、ロブショッ…

前の記事

江連忠

アプローチのとき、「そこだけはダメ」というところにミスしてしまう人は多いものです。例えば、急傾斜なのにピンの上をオーバーして、下りの難しいパットを残したり、2段グリ…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…