日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「アプローチで差がつく」12 のポイント Lesson 10 「どんと来い」バンカーショット①フェースを開いて打つべし

ソールの出っ張り部分をバウンスという。このバウンスが大きいほど、ヘッドは砂に潜りにくく、砂を弾きやすくなる。フェースを開くと(イラスト左)ソールが下に大きく出っ張り、バウンスが強くなる

バンカーショットは、最も易しいショットです。私がそう言うと、ほとんどの人が驚きます。そんな人には次のように説明しています。

まず、バンカーショットはボール手前の砂を打って、ボールを飛ばすショットです。つまり、きっちりボールを打たなくてもいいわけです。ダフってもいいと思えば、バンカーショットは易しいというのも理解できるのではないでしょうか。それに、他のショットと違って、フェースをスクエアに戻す必要がありません。バンカーショットは手前の砂を爆発させてボールを飛ばします。ボールの手前の砂を打っているかぎり、フェースの向きにあまり影響されず、クラブを振っていく方向にボールは飛んでいきます。

SW(サンド・ウェッジ)というクラブは、フェースを開いた方がバウンス(※)は大きくなります。そして、ソールが滑りやすくなって砂を飛ばしやすくなります。ですから、バンカーショットの上達には、フェースを開いてグリップすることがとても重要です。それに、フェースを開けるようになると距離が出にくくなり、思い切り振れるようになります。そうすれば、ヘッドの減速もなくなり、ザックリのミスも減るはずです。

 バンカーの練習は、工夫すれば家庭や練習場でもできます。私は中学〜高校時代には毎日、座布団の上にピンポン球を置いて、バンカーの練習をしていました。また、ティアップしたボールのティだけを打つ練習も効果的です。ティだけを打つと、ボールはバンカーショットのようにフワリと飛んでいきます。本番では、ボールの下にティがあるようにイメージして、そのティを打つ感じでスイングすればいいんです。これなら練習場でもできます。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

前号で、バンカーショットは易しいショットであり、ウェッジのバウンス(※)を上手く使うことがポイントだという説明をしました。つまり、バンカーショットを苦手にしている人は…

前の記事

江連忠

前回は、ピンが手前にある場合には、グリーン手前に1クッションか2クッションさせて、転がし上げればよいということをお伝えしました。そのときの注意点としては、ピンやグリ…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…