日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「スコアが必ずアップする」12 のポイント Lesson 4 ラインを出すショットで林から脱出せよ!

ボールを体の右に置いてロフトを立てれば、8Iでも5Iの高さで打てる

林に打ち込んで大叩き、そんな経験は誰でも少なからずあると思います。しかも、無理やりグリーンを狙ったのならともかく、確実に出そうとしたのに、狙ったところにボールが行かなかった……。どうですか、あなたも身に覚えがあるんじゃないでしょうか。

林から脱出するには、出球をコントロールして、狙ったラインにボールを打ち出していくことが大切です。それができないと、何打も叩き、大ケガをすることになります。ラインを出すためには、まず打ち出す方向、高さ、距離そしてサイドスピン(※)量をコントロールして、低いボールを打つのがポイントです。それには、まずクラブをコントロールすることが重要です。7I(アイアン)や8Iなどの短い番手を選びましょう。クラブが長いと、それだけコントロールが難しくなります。ですから、番手の短いクラブで、ロフトを立てて打つほうが易しいのです。

低いボールでラインを出していきたいときには、クラブを短く持って、いつもよりボールに近づき、ボールを右に置いて、ロフトを立てて構えたら、コンパクトなスウィングで打っていくことが大切です。

ボールの後ろから見たときは木と木の間を狙えそうなのに、実際にアドレスに入ると木に当たるような気がする人もいると思います。それは、狙ったラインに対してスクウェアに立てていない、もしくは立っている自信がないからです。そういう人は、パターを持ってラインに対してスクウェアに立つ練習から始めるといいでしょう。パターはロフトが少ないので、ラインに対してスクウェアに構えやすいのです。パターマットでも床の線でもいいので、それに対してスクウェアに構える練習を繰り返して、その感覚を身に付けてください。きっと林の中から打ち出せるはずです。

※ボールの横回転のこと。このスピンが多すぎると、ボールは曲がってしまう

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連 忠のゴルフ講座 「スコアが必ずアップする」12 のポイント Lesson 5 バランスボールを使って「手打ち」を直す

江連忠

誰でも一度は、「手打ちじゃなくて、体全体のエネルギーでスイングしなければ」と言われたことがあるのではないでしょうか。手打ちの人は、どうし...

前の記事

江連 忠のゴルフ講座 「スコアが必ずアップする」12 のポイント Lesson 3 「向こう見ず」から「向こうを見る」ゴルフへの変身を

江連忠

アマチュアゴルファーのアドレス(※)を見ていると、向こうのターゲットを見ない人が本当に多いものです。多くのアマチュアゴルファーの構えを見てみ...

関連記事

江連 忠のゴルフ講座 「理想のスイング」12のポイント Lesson 12 正確にボールを運ぶためには 腰で狙うスイングを!

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、...

江連 忠のゴルフ講座 「理想のスイング」12のポイント Lesson 11 強い風に負けないスイングを手に入れる

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い...

江連 忠のゴルフ講座 「理想のスイング」 12のポイント Lesson 10 中級ゴルファーが陥る「スティープ軌道」を直す

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのライン...